Fundamental Physics A

Numbering Code U-LAS12 10001 LJ57 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Mainly 1st year students Target Student For science students
Language Japanese Day/Period Mon.4/Tue.1/Wed.4/Thu.1/Thu.2/Fri.1
Instructor name TAKAGI NORIAKI (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
SAKAGAMI MASAAKI (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
NAKAYA TSUYOSHI (Graduate School of Science Professor)
KAWAKAMI NORIO (Graduate School of Science Professor)
ISHIDA KENJI (Graduate School of Science Professor)
SASAKI YUTAKA (Graduate School of Science Professor)
NOGAMI DAISAKU (Graduate School of Science Associate Professor)
ZENIHIRO JUZO (Graduate School of Science Associate Professor)
YOSHIOKA KOUICHI (Graduate School of Science Associate Professor)
IWAMURO FUMIHIDE (Graduate School of Science Associate Professor)
TAKESUE SHINJI (Graduate School of Science Associate Professor)
YAGI TOMOMI (Graduate School of Engineering Professor)
AOYAGI TOSHIO (Graduate School of Informatics Professor)
ABE MASATAKA (Graduate School of Energy Science Associate Professor)
FUJIMOTO HITOSHI (Graduate School of Energy Science Professor)
Outline and Purpose of the Course 自然科学を学ぶ学生に共通して必要と思われる力学を講義する。
Course Goals 質点の運動法則や種々の保存則を理解する。力学体系を正しく記述し、その運動を理解する。
Schedule and Contents 以下のような古典力学の基本的内容を、フィードバックを含め15回で各項目あたり2~3週で講義する。
1.運動学  速度・加速度 極座標での成分
2.運動法則 運動方程式とその応用
3.保存則 仕事とエネルギー、角運動量、運動量
4.中心力による運動 太陽の引力のもとでの惑星の運動
5.質点系の運動
Evaluation Methods and Policy 原則として定期試験の結果によるが、教員によってはレポート等の提出を求める場合もある。詳しくは各講義で説明する。
Course Requirements この講義は主として高校で物理を履修した人を対象に行われる。物理未履修者には、別項の「初修物理学A、B(非物理系)」の履修を勧める。
Study outside of Class (preparation and review) 講義をもとに自学することを勧める。
Textbooks Textbooks/References [八木・野上・高木・銭廣担当分] 植松恒夫 著 『力学』(学術図書)
[岩室担当分] 益川敏英監修/植松恒夫,青山秀明編集/篠本滋,坂口英継 著 『基幹講座物理学 力学』(東京図書) ISBN:978-4-489-02163-3
[武末担当分] 武末真二 著 『力学講義』(サイエンス社)ISBN:978-4-7819-1324-7
PAGE TOP