Reading in the Document of Japanese Philology II

Numbering Code U-LAS02 20012 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 2nd year students or above Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Tue.4
Instructor name SANO HIROSHI (Institute for Liberal Arts and Sciences Professor)
Outline and Purpose of the Course 日本語表記史についての最新の研究成果を解説しつつ、何が問題となっているかを説明します。日本語の文字と表記の特質を踏まえて、古代文献を読み解くための基礎的な知識の修得を目的としています。
Course Goals 日本語表記史上の仮名の成立について、基礎的な知識を修得し、先行研究を踏まえて自ら問題設定ができるようになることを到達目標とします。
Schedule and Contents 1 日本語史の中の表記史と文字史の異なりについて(導入:1回)
2 仮名で書くということの意味(文体と表記体の交錯)(2回)
3 仮名墨書土器の諸問題(2回)
4 万葉仮名と平仮名(2回)
5 表意性と表語性――訓字の2次的表語性ということ(2回)
6 仮名の成立――平仮名と片仮名の分属契機について(2回)
7 濁音専用仮名の成立と上代特殊仮名遣い(2回)
8 まとめ(2回)

フィードバックを含め全15回の講義を予定している。2回とあるのは前半と後半という区分であって、主として前半は先行研究を後半はその問題点と解決方法についての解説になる。使用テクスト上での区分としては、第二部から第三部232頁までを予定している。
Evaluation Methods and Policy 講義期間の最終日に基礎的な事項の確認試験を行う(60%)。時折、講義中に小テスト(主として日本文学史の知識を問う予定である)を行うほか、授業への積極的な参加度(40%)を総合的に加味して評価する。
Course Requirements 日本語史についての基礎知識が必要になるので、言学ⅠⅡを受講していることが望ましい。
Study outside of Class (preparation and review) テキスト及びプリントを用いて、課題を出す。これによって復習と予習ができるようになっている。
Textbooks Textbooks/References 万葉仮名と平仮名, 内田賢徳・乾善彦, (三省堂)
他にプリントを配付する。
References, etc. 参考資料として適宜プリントを配付する。
PAGE TOP