Reading in Japanese Classics II

Numbering Code U-LAS02 20010 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 2nd year students or above Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Tue.3
Instructor name HASEGAWA CHIHIRO (Graduate School of Human and Environmental Studies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 「源氏見ざる歌詠みは遺恨の事也」とは藤原俊成の言葉であるが、歌人や連歌師は、『源氏物語』のどのような言葉・場面に魅力を感じ、その詩想を養ったのであろうか。このような観点から、文安六年(1446)、祐倫の手になる『山頂湖面抄』という源氏物語梗概書を読む。併せて『源氏物語』本文や、それを享受した作例等にも触れ、巻ごとに源氏絵を参照する。
Course Goals ・講義中に取り扱った『源氏物語』本文、及びその梗概書や享受作品の内容を理解し、説明できる。
・歌人・連歌師による『源氏物語』享受の特色を理解し、説明できる。
Schedule and Contents 第1回『山頂湖面抄』概説・蛍
第2回 常夏・篝火
第3回 野分・行幸
第4回 藤袴・真木柱
第5回 梅枝・藤裏葉
第6回 若菜上・若菜下
第7回 柏木・横笛
第8回 鈴虫・夕霧
第9回 御法・幻
(匂宮・紅梅・竹河は割愛する)
第10回 橋姫・椎本
第11回 総角・早蕨
第12回 宿木・東屋
第13回 浮舟・蜻蛉
第14回 手習・夢浮橋
《学期末試験》
第15回 フィードバック
Evaluation Methods and Policy 定期試験(筆記)により評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 毎回、授業の予習として、講義で取り上げる『源氏物語』の巻を原文で通読しておくのが望ましい。
Textbooks Textbooks/References プリント配布。
PAGE TOP