ILAS Seminar

Numbering Code U-LAS70 10001 SJ50 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year 1st year students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Fri.5
Instructor name TAKEDA HIRONARI (Graduate School of Human and Environmental Studies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 美学・芸術学研究(美や芸術についての哲学的思考)とはどのようなものか、発表と議論を通じて体験的に理解する。
Course Goals 文献を正確に読解する能力、それを独自の観点から論じる能力、発表に対する質問力などを総合的に養う。
Schedule and Contents 美学・芸術学に関する基本文献を取り上げ、毎回担当者が決められた範囲について分析と考察を加えた発表を行い、その後発表をめぐって皆で議論をする。取り上げる文献としては、とりわけ現代の芸術および文化的現象について考えるうえで広く示唆に富み、かつ専門的知識がなくても取り組みやすいものを予定している。初回にガイダンスを行い、また発表のスケジュールを決めた後、各回の授業は基本的に、受講者の報告と議論を中心として進行する。授業回数はフィードバックを含め全15回とする。

第1回:イントロダクション
第2回ー第14回:担当者による発表、教員による指導、受講者同士のディスカッション
フィードバック:詳細は別途連絡
Evaluation Methods and Policy 平常点(出席状況・発表内容・授業への参加度)によって評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 発表の対象となる箇所をあらかじめ読んでくること。
PAGE TOP