脳と心の生命機能ゼミナールI

Numbering Code Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year From 2nd to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.2
Instructor name KOMURA YUTAKA (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 脳は、私たちが誕生してから、環境とのインタラクションを介して、様々な形で、心的機能を発揮していきます。その心的機能の評価法、脳計測との手法には、様々なアプローチの仕方があります。これらのアプローチ法を整理し、ゼミナール形式で、脳と心の機能について、参加者と議論をしていきます。本授業を通して、私たちの日常生活を支えている脳・心の理解を深めることを目指します。
Course Goals 脳と心のしくみを、生命機能と関連づけて理解するニューロサイエンスの素養を築きます。また、ニューロサイエンスには、いくつかの測定法と介入法があり、その検証方法についての理解を深めます。参加者には、議論に参加してもらうことで立案・発表する力を養い、認知機能と生命機能への洞察を高めることを目標とします。
Schedule and Contents 第1回:イントロダクション
第2回以降:脳と心の機能について、その検証方法に主に着目して、議論する。
Evaluation Methods and Policy 出席と参加の状況、議論への参加状況の総合評価。詳しくは授業中に説明する。
Course Requirements 履修希望者は,全学共通科目の講義科目の『脳と生命のシステム科学』を受講中・済であることが望ましい。
Study outside of Class (preparation and review) 事前にトピックが知らされたら、関連資料などを一読し、当日の議論に備える。
PAGE TOP