心理的アセスメント

Numbering Code Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 3rd & 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.2
Instructor name TAJAN,Nicolas Pierre (Graduate School of Human and Environmental Studies Program-Specific Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 複数の人格・知能・発達検査などの比較を行いながら、子どもと成人の人格・知能・発達についての総合的理解に達することを目標とする。
Course Goals 面接法、診断(ICD-11、DSM-5、CFTMEA)、知能・発達検査(WISC-IV、WAIS-IV、WPPSI-III)、性格検査(主題統覚検査TAT、ロールシャッハ・テスト)の意味と実際を理解し、心理的アセスメントの特殊なアプローチを学ぶ。
Schedule and Contents 1. 概論:面接法と心理的アセスメントの歴史
2. 診断:インテーク面接
3. 診断:DSM-5、ICD-11
4 診断:DSM-5、ICD-11、CFTMEA
5.知能検査:WISC-IV
6.知能検査:WISC-IV
7.知能検査:WISC-IV
8.知能検査:WAIS-IV
9.知能検査:WPPSI-III
10.性格検査:主題統覚検査(TAT)
11. 性格検査:主題統覚検査(TAT)
12.性格検査:主題統覚検査(TAT)
13.性格検査:ロールシャッハ・テスト
14.性格検査: ロールシャッハ・テスト
15.期末試験
16. フィードバック
Evaluation Methods and Policy 評価は、平常点として授業への参加態度(30%)、および小テスト(30%)と期末試験(40%)による。
Course Requirements None.
Study outside of Class (preparation and review) 授業の内容と参考書等にもとづく予習・復習、および小テストと期末試験の前の練習。
References, etc. 第14巻 心理的アセスメント (公認心理師の基礎と実践), 津川 律子, 遠藤 裕乃 , (遠見書房)
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A course with practical content delivered by instructors with practical work experience
Related URL https://psy.h.kyoto-u.ac.jp/
PAGE TOP