数理科学論講究

Numbering Code U-HUM22 48269 SJ11
U-HUM22 48269 SJ55
Year/Term 2021 ・ Intensive, year-round
Number of Credits 8 Course Type Seminar
Target Year 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Intensive
Instructor name SUMI HIROKI (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 数理情報論関係の卒業研究を行うために必要な知識・技法を講読や演習によって学ぶ.
Course Goals 数理情報論関係の卒業研究をまとめられるようになる.
Schedule and Contents 通年で全30回の予定である。学ぶ内容、卒業研究の詳細は履修学生と相談の上決定するが、大まかには以下の予定を考えている.

第1~5回   実数論と微分積分学、位相論等の復習
第6~7回   学ぶ内容、卒業研究の内容の設定
第8~25回  専門書などの講読とそれに付随する演習、研究
第26~30回 卒業研究のまとめ 

なお、参考までに各指導教員の専門分野を示しておく:

足立・・・偏微分方程式論
上木・・・確率解析
木坂・・・力学系理論(特に複素力学系)
清水・・・偏微分方程式論
角 ・・・ランダム複素力学系、フラクタル、エルゴード理論、複素解析
小山田・・・ビジュアルデータサイエンス
櫻川・・・計算機科学
立木・・・計算機科学、ゲームの数理とプログラミング
ディブレクト・・・数理論理学、位相空間論、計算理論、機械学習
日置・・・データハイディング,画像処理,情報可視化(VR・AR,ゲームAI,音楽情報処理等についても対応を検討する)
Evaluation Methods and Policy 出席状況および,講読内容の理解と発展の到達度などによる.
Course Requirements 数理情報論関係の卒業研究の基礎となるべき科目を十分な数だけ履修している必要がある.その上で担当教員と面接し,教員が履修可能と判断すれば履修が認められる.卒業研究を伴わない履修は受け付けられない.
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に指示する.
PAGE TOP