基礎演習:中国史の基礎資料

Numbering Code U-HUM32 14190 SJ38 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year From 1st to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.5
Instructor name TSUJI MASAHIRO (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 「中国史の基本資料を読む―漢文訓読法の基礎
 中国史の基本資料を講読する中で、漢文訓読の基本的な技法を身につけることが、この授業の目的です。
 日本人は古来、中国の歴史や文化に強い関心を持ち、それを知ろうとしてさまざまな工夫を凝らしてきました。「訓読」とは、中国語(古典漢文)に訓点をつけ、日本語=「漢字仮名交じり文」として読解するために編み出された、先人の知恵の一つです。現代中国語は現代音で音読するのが普通ですが、古典(漢文)については、訓読方式で読むのも味わい深いものです。
 この授業では、中国史の基本資料を「訓読」して、その内容を理解することを目的とします。高校時代に漢文を少しかじった程度の人でも、少し努力をすれば訓読のコツをつかむことは容易です。この機会に、訓読の基本的な技法を身につけましょう。
 今年度は、編年体で書かれた歴史書として名高い『資治通鑑』の文章に挑戦していただきます。
Course Goals 中国学の基礎となる「漢文」の読解について、基礎的な知識を身につける。
Schedule and Contents ●初回授業時の「ガイダンス」に、授業の進め方について説明しますので、必ず出席すること。
●訓読の技法を身につけ、文章の意味を理解することを第一の目的とします。2週目からは『資治通鑑』の文章に取り組んでいただきます。
●その週に読む箇所について、①読み下し文、②現代日本語訳をあらかじめPandAで提出していただき、授業時にはそれをふまえて質疑・解説を行います。
●必要に応じて、授業時に漢和辞典を引いて調べてもらうつもりです。必ず「紙の辞書」を持参すること!
Evaluation Methods and Policy  毎回提出していただく課題(読み下し文と現代日本語訳)の成績(80%)と、授業参加に対する評価(20%)とを総合して、成績を判定します。
 単に出席するだけでは「単位」を取ることはできませんので、ご注意下さい。
 3度の欠席(課題不提出を含む)で「不可」となります。
Course Requirements 漢和辞典の引き方がわかっていること。
「漢文」訓読基本についてよく復習をしておくこと。
Study outside of Class (preparation and review) 高等学校で学習した「漢文」の基礎について、きちんと復習しておくこと。
Textbooks Textbooks/References こちらでテキストを用意し、配布します。
PAGE TOP