基礎演習:地理情報

Numbering Code U-HUM42 16180 SJ39 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year From 1st to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.5
Instructor name OGATA NOBORU (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 地理情報処理およびコンピュータ・マッピングの応用。
現実の地理データに基づいて,コンピュータ・グラフィックスを用いた図化と分析の実習を行う。mapRaster2,MANDARAなどの無料もしくは安価に利用できるソフトを利用し,地形・土地利用・衛星画像・人口・経済指標などの各種地理データをコンピュータにより分析する。
Course Goals 地理情報の処理および表示について基礎習得を目標とする。また各自の研究発表を通して,プレゼンテーション能力の獲得を目指す。
Schedule and Contents §1.現実世界の地理的現象をコンピュータで扱うための,空間データモデルについて考察する。具体的には,ベクトル・モデルとラスター・モデルと取り上げて,両者を比較する。
§2.ベクトル・データとして保持される行政区域界のデータと,各行政区ごとの人口・経済指標などの統計データを組み合わせて,空間モデルの適用や統計地図の作成・表示を行う。各自が対象地域・統計データを選び,地図化して考察した結果をレポートする。
§3.ラスター・データとして保持される地形データ(Digital Elevation Model : DEM)を利用して,計量地形学的分析(斜面・曲率の算出)や鳥瞰図の表示を行う。
§4.現在インターネット上でどのような地理データが利用できるかレビューし,それらの作成過程などについて考察する。
§5.地形・土地被覆についてインターネット上で利用できる地理データを利用し,各自が興味を持っている地域についての地誌をゼミ発表(プレゼンテーション)し,レポートする。
※)衛星画像などのデータを展開するため,8GB以上のUSBメモリを持参すること。
Evaluation Methods and Policy ゼミ発表および課題提出
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) ゼミナールで利用するソフトウェアは自宅でも利用可能なので,担当教員のホームページを参照しつつ,必要に応じ予習・復習すること。ゼミ発表を行うので,その準備および発表後の反省をレポートに反映させることが必要である。
Related URL http://www.hgeo.h.kyoto-u.ac.jp/ogata/
PAGE TOP