基礎演習:倫理学

Numbering Code U-HUM14 11191 SJ34 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year From 1st to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Fri.5
Instructor name SATOU YOSHIYUKI (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course  倫理とは自由な主体の営みであり、自由な主体にとってしか倫理は意味をもたない。こういうものとしての自由を極限まで押しつめて考えたのが、フランスの現象学派の哲学者サルトルである。授業では彼の思想を通じて、われわれの自由について見直したい。
 テキストは講演原稿であるため、哲学書としては比較的平易である。基本事項の解説を多く加えながら熟読する。
Course Goals  サルトルのテキストを英訳で読み、自由を中心とする哲学的な問題意識に触れ、自ら考えるとともに、彼の独自の自由論について、基本的な知識を習得する。
 また、このことを通じて、学術的な文章を精読する訓練を行う。
Schedule and Contents 第1回:授業方法、成績の算定法等についてのガイダンスを行う。
第2回~第14回:上記テキストを精読し、教員からの問題提起をきっかけに、学生が自ら考えを深めていくことを重視する。その過程で自由、倫理という事象、サルトルが属する現象学派の考え方、またその背景にある近現代の哲学の流れについて、基本的な事項を理解してもらう。
第15回:フィードバック(※フィードバックの詳細は別途連絡する。)
Evaluation Methods and Policy  平常点。具体的には出席と参加の状況(50点)、授業時のテキストの訳の巧拙(30点)、質疑応答の際の授業内容の理解度(20点)を評価対象とする。予習が不十分な場合は減点対象である。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review)  当日授業で読む箇所の予習は不可欠である。
Textbooks Textbooks/References  テキストは Jean-Paul Sartre の仏語原著からの英訳"Existentialism Is a Humanism "(Yale University Press)を使用し、必要箇所をプリントにして配付する。
PAGE TOP