社会人類学方法B

Numbering Code U-HUM42 46248 SJ40 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Fri.4
Instructor name Iwatani Ayako (Graduate School of Human and Environmental Studies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 社会人類学の基礎的な理論にもとづき、受講生がフィールドワークや文献資料によって得た資料を分析し、論文にまとめる方法を取得することを目的とする。
Course Goals ・論文の構成、文献検索・引用のやり方を習得し、論文執筆の基本的な方法を身につける。
・定量分析・定性的分析、ナラティブ・アプローチ、フィールドワークの手法、民族誌の記述方法などを、社会人類学の諸理論とともに習得する。
Schedule and Contents 授業は、受講生の研究発表、文献購読、討議によって進行する。受講生は、人類学分野における卒業論文作成を視野に、自らの論文執筆計画や関連する先行研究についてのレビューの口頭発表を行う。以下、扱われる可能性が高い研究主題を順不同で列挙する。

1~3回 人の移動と場所への帰属意識
4~6回 グローバリゼーションと公共空間の変容
7~9回 都市の公共空間にみる包摂と排除
10~12回 ノスタルジアのエスノグラフィー
13~14回 喪失の想起、喪失の語り 
15回  フィードバック

なお、基本的に授業はZoomを利用してライブ形式で行います。
Evaluation Methods and Policy プレゼンテーション(50%)と討論への積極的関与(50%)によって評価する。
Course Requirements ・文化人類学関連の科目を履修し、人類学的な思考法を習得しておくことが望ましい。
・岩谷を指導教員として卒業論文を執筆する予定の学生は必修。
Study outside of Class (preparation and review) 授業で参照した文献には目を通す。
PAGE TOP