ドイツ文芸表象論講読B

Numbering Code U-HUM16 21182 SJ36
U-HUM16 21182 SJ48
Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year From 2nd to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Fri.3
Instructor name OKUDA TOSHIHIRO (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 次ぎ次に誘惑して倦むことのないドン・ファンは、実にさまざまのジャンルにおいて、そしてまた実に多くの作品において素材となってきた。それは、伝説の生地スペインからイタリアを始めとするヨーロッパ中に広がり、有名な文学上の作品だけでも、たとえばキンドラーの文学辞典には、初演当時物議をかもしたモリエールの喜劇、E・T・A・ホフマンの物語、バイロンの風刺詩など十二作品も挙げられている。しかし、その後ヨーロッパを超えて広がるこの素材において注目すべきは、ドラマ、人形劇、詩、小説、オペラ、交響詩、映画などの多くの媒体に及ぶという媒体の多様性である。詩人のプーシキンやボードレール、小説家のアレキサンドル・デュマやプロスペル・メリメ、音楽家のリヒャルト・シュトラウスなど多数の者が、芸術ジャンルを超えてドン・ファンを取り上げている。さらにそれが時代的にも現代ドイツ語圏文学の重鎮ペーター・ハントケの『ドン・ファン』(2004年)まで及ぶことを考えるなら、この好色放蕩の猟色家は、あのファウストをも凌駕する、近代ヨーロッパの最も豊潤にして充溢した芸術作品の素材と言って過言ではないであろう。
本授業はそのように多様な芸術ジャンルの素材となってきた伝説を対象にして、文学と音楽、特にオペラのジャンルとしての比較を行い、それぞれの特性(優劣)について考察することを目的とする。
Course Goals 芸術と社会や歴史との関係について考察し、芸術の役割と意義についての具体的な認識を得て、その理解を深めることができます。
ドイツ語の原典について多少とも翻訳できるようになります。
人文社会における論文の書き方の初歩をぶことができます。
Schedule and Contents 初回:       オリエンテーション
第2~5回:    モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』を鑑賞するととも
          に、そのドイツ語(翻訳)版の適切な個所を読
          む。         

第6~9回:    ジュゼッペ・ガッツァニーガ(Giuseppe Gazzaniga)の『ド
          ン・ジョヴァンニ』を鑑賞するとともに、そのドイツ語(翻
          訳)版の適切な個所を読む。 
第10~12回:  リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・ファン』を鑑賞
          するとともに、その台本(リブレット、レーナウの詩)を読
          む。
第13回:     『ドン・ジョヴァンニ』を対象として文学と音楽、特にオペ
          ラのジャンルとしての比較を行い、それぞれの特性(優劣)
          について分析したレポートを書き提出してもらう。
第14、15回:   上記のレポートを読み、お互いの評価を議論する。
Evaluation Methods and Policy 課題をこなしての授業参加が7割、レポートが3割。
Course Requirements ドイツ語初級文法の修得。ドイツ文学に関する知識は必ずしも必要ではない。
Study outside of Class (preparation and review) 「授業計画と内容」にあるドイツ語文献にめを通して、多少とも日本語訳しておくこと
Textbooks Textbooks/References
PAGE TOP