Chemistry of Organic Natural Products

Numbering Code G-ENG12 6H022 LJ60 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 1.5 Course Type Lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Thu.1
Instructor name NAKAO YOSHIAKI (Graduate School of Engineering Professor)
Outline and Purpose of the Course 天然由来の高次構造を有する有機分子を対象にして,その生合成経路、生物活性などについて講述する
Course Goals 講義概要で述べたことがらを習得し,天然由来の有機化合物の生合成経路とそれらの生理活性が理解できるようになる.
Schedule and Contents 生合成における有機化学反応(1回)
1生体中で酵素によって触媒される有機化学反応について,生合成を理解するうえで重要なものに絞って解説する.

酢酸ーマロン酸経路(3回)
酢酸ーマロン酸経路によって生じる有機化合物の生合成経路と生理活性などについて解説する.

シキミ酸経路(2回)
シキミ酸経路によって生じる有機化合物の生合成経路と生理活性などについて解説する.

メバロン酸ーMEP経路(3回)
メバロン酸ーMEP経路によって生じる有機化合物の生合成経路と生理活性などについて解説する.

アミノ酸経路(2回)
アミノ酸経路によって生じる有機化合物の生合成経路と生理活性などについて解説する.
Evaluation Methods and Policy 毎講義小テストを行うとともに,期末試験の結果に基づいて判定する.
Course Requirements 京都大学工学部工業化学科「有機化学I~III(創成化学)」を履修していることを前提とする.
Study outside of Class (preparation and review) 必要に応じて指示する
Textbooks Textbooks/References 随時プリントを配付する.
References, etc. Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach,, , Paul M. Dewick, (Wiley, 2009)
PAGE TOP