Advanced Seismology III: Signal Processing

Numbering Code G-SCI31 65253 LJ58 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name OOMI SHIROU (Disaster Prevention Research Institute Associate Professor)
MIYAZAWA TOSHINORI (Disaster Prevention Research Institute Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 地震観測網で観測データを取得・解析する過程で必要なデータ処理手法,さらには得られた地震記象から種々の震源パラメタ等を推定する過程で必要となる,基本的な信号処理手法等について述べる。また,これらの信号処理を利用した一次的解析方法を,地震学における最近の研究例を交えて紹介する。
Course Goals 地震波形データ処理の基本を理解し、データを研究に使用できる形態にするための基本的な処理を自力で行えるようにする。
Schedule and Contents 授業計画
第1回:イントロダクション(大見)
第2回:伝達関数と系の安定性1(大見)
第3回:伝達関数と系の安定性2(大見)
第4回:地震計の応答(大見)
第5回:アナログフィルタ(大見)
第6回:デジタルフィルタ(大見)
第7回:現在の地震観測網について(大見)
第8回:積分変換(宮澤)
第9回:ヒルベルト変換(宮澤)
第10回:エンベロープ波形(宮澤)
第11回:畳み込み積分(宮澤)
第12回:相互相関関数(宮澤)
第13回:地震波干渉法1(宮澤)
第14回:地震波干渉法2(宮澤)
第15回:停留位相近似(宮澤)
定期試験は実施しない。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業の後,実際の地震波形データを用いて,授業内容に関する実習を行ってみることが望ましい.
PAGE TOP