Seminar "GeotectonicsII" B

Numbering Code G-SCI32 66081 SJ58 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name TAGAMI TAKAHIRO (Graduate School of Science Professor)
ZWINGMANN,Horst Friedrich August (Graduate School of Science Professor)
TSUTSUMI AKITO (Graduate School of Science Associate Professor)
WATANABE YUMIKO (Graduate School of Science Assistant Professor)
OOSAWA SHINJI (Graduate School of Science Professor)
Outline and Purpose of the Course 地球年代学および構造地質学の2つのサブグループに分かれて専門的なセミナーと、必要に応じて
行う合同セミナーという形式で実施する。地球年代学では、フィッション・トラック法、カリウム
‐アルゴン法、ウラン放射非平衡年代測定法および関連する同位体分析法に重点をおき、断層の熱
年代学、ホットスポット火山活動史、鍾乳石と樹木年輪を用いた古気候復元などの最新の研究を取
り上げる。構造地質学では、地球内部における変形と流体移動、断層の力学、付加体のテクトニク
スなどに重点をおく。
Course Goals 地球年代学および構造地質学の2つのサブテーマのいずれかについて、研究を自主的に進める能力を養う。
Schedule and Contents 前期・後期で、それぞれ15回のセミナーを行う。先行研究の紹介や、自身の研究成果を発表し、
他の参加者と議論を深める。原則として、全教員が全回出席して担当する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業スケジュールの進行状況に応じ,レポート課題,参考文献など学習すべき内容を指示する。
PAGE TOP