Principles of Chemical Biology

Numbering Code G-SCI41 97001 LJ60 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name SUGIYAMA HIROSHI (Graduate School of Science Professor)
Outline and Purpose of the Course  DNAの構造、塩基配列の決定法、化学合成法、化学反応性、損傷のもたらす生物へのインパクトについて分子レベルで議論し、最新のケミカルバイオロジーの方法論による遺伝子の機能制御について紹介する。
Course Goals DNAの構造、塩基配列の決定法、化学合成法、化学反応性、損傷のもたらす生物へのインパクトについて学び、分子レベルで理解する。
Schedule and Contents 以下のような課題について,1課題あたり2~3週の授業をする予定である.

1.DNAと染色体
2.DNAの複製,修復,組換え
3.DNAからタンパク質へ-細胞がゲノムを読み取るしくみ
4.遺伝子発現の調節
5.遺伝子とゲノムの進化
6.遺伝子とゲノムの解析

講義では基本的事項の解説から始め,最先端の研究のいくつかについて実例をあげて15回の講義で解説する。また講義の進め方については適宜、指示をして、受講者に予習と復習をさせる。
Course Requirements  特になし。
Textbooks Textbooks/References Essential細胞生物学, Bruce Alberts 他 , (南江堂), ISBN:4-524-26214-4
References, etc. 基礎 ケミカルバイオロジー, 杉山 弘・板東俊和, (化学同人)
ウィーバー分子生物学, Robert F. Weaver, (化学同人), ISBN:978-4-7598-1156-8
PAGE TOP