Nuclear spin physics

Numbering Code G-SCI22 53094 LJ57 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name TANIGUCHI AKIHIRO (Institute for Integrated Radiation and Nuclear Science Associate Professor)
TANIGAKI MINORU (Institute for Integrated Radiation and Nuclear Science Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course 原子核スピンと核外場の相互作用について概説し、不安定原子核の電磁気モーメント測定方法や不安定原子核を用いた物性研究の実験的手法、関連する不安定核ビームの生成について解説し、原子核物理学の理解を深める。
Course Goals 原子核の電磁気モーメントなどに関連する文献の理解に資する基礎知識を習得する。
Schedule and Contents 以下のようなテーマについて授業を行う予定である。回数は目安であり、履修者の知識の程度に応じて、関連する基礎的内容の説明を適宜追加する。

・核スピンと核磁気モーメント(1~3週)
・核電気四重極モーメント、アイソトープシフト、電気四重極相互作用(1~3週)
・超微細相互作用(1~3週)
・磁場下における核スピンの運動、高速断熱通過法による核スピンの反転(1~2週)
・不安定原子核の電磁気モーメント測定(1~2週)
・不安定原子核を用いた物性研究(1~2週)
・不安定核ビームの生成(1~2週)

                               
Course Requirements 特になし。
Study outside of Class (preparation and review) 特になし。
PAGE TOP