クリティカルケア看護学高度実践実習II

Numbering Code Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 4 Course Type Practical training
Target Year 2nd year master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name UTSUNOMIYA AKEMI (Graduate School of Medicine Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 周術期およびクリティカル期におけるハイリスクな治療を受ける患者と家族を受け持ち、ケアとキュアを統合した質の高い直接的看護を実践する。事例を通して、病態理解、患者・家族の心理状態の理解、エビデンスに基づく看護介入、科学的な評価方法を習得し、急性・重症患者看護専門看護師に必要な高度実践能力を習得する。
Course Goals クリティカルケアを必要とする患者に対する直接的な看護実践において、専門的知識、研究や理論の臨床応用を含むクリティカルシンキング、臨床判断(clinical judgment)能力を高める。また、科学的根拠に基づいたケアを他の専門職者と協同して実践できる能力を育成する。さらに、倫理的問題に対する患者、看護師への対処法を考察する。
Schedule and Contents <実習目標>
1クリティカルな状況にある患者と家族の身体状態について専門的にアセスメントしケア・処置を実践する。
2クリティカルな状況にある患者と家族の心身の苦痛を効果的に緩和し安寧・安楽を図る
3クリティカルな状況にある患者と家族を取り巻く治療環境を総合的にマネジメントする。
4.上記の視点から、多臓器不全患者、機械補助下にある患者、人工呼吸器離脱中の患者、早期リハビリテーションに取り組む患者、終末期患者家族を担当し、重症化の回避や早期回復、QOLの向上を目指した高度実践看護を提供する。
<実習方法>
・高度医療の場において高度なアセスメント、実践力の修得、専門看護師の役割などの内容を網羅し実習計画を作成し4週間の実習を行う。
・重症・集中治療をうける患者と家族に対して、治療への反応に関する高度なアセスメントを踏まえた実践を行う。
・専門看護師の高度実践、リフレクションにより自己の実践力を学ぶ。
・専門看護師、指導教員と共に高度看護実践について評価・検討会を行う
・実習を通してクリティカルケア看護における高度実践看護師としての自己の課題を明確にする。実習4単位60回分(120時間)
<実習期間>
7月~8月
<実習施設>
①大阪市総合医療センター:ER/外傷センター、集中治療センター
②兵庫医科大学病院:ICU 救命救急センター、心臓血管外科外来、循環器病棟
③京都大学医学部附属病院:救急・ICU、CCU、SCU
<実習指者>
指導教員:宇都宮明美
臨地実習担当者:①植村桜 (急性・重症患者看護専門看護師)
        ②山岡綾子  (急性・重症患者看護専門看護師)
        ③宇都宮明美(急性・重症患者看護専門看護師)
Evaluation Methods and Policy 実習出席、実習への取り組み・態度、実習記録、事前学習レポート、ケースレポート(2-3例程度)、討議内容を総合して評価する。
評価配分は、実習出席、実習への取り組み・態度実習を20%、実習記録、事前学習レポートを30%、ケースレポートを30%、討議内容等を20%とし、総合的に判断する。
成績は、極めて優れている/Outstanding(96~100点)、特に優れてい る/Excellent(85~95点)、優れている/Good(75~84点)、合格基準に達し ており、学習の効果が認められる/Fair(65~74点)、合格基準に達し ているが、更なる努力が求められる。/Pass(60~64点)、不合格。/Fail(0~59点)の6段階で評価を行う。
Course Requirements クリティカルケア看護学高度実践特論Ⅰ~Ⅲ、クリティカルケア看護学高度実践演習1~Ⅳを修了していること
Study outside of Class (preparation and review) 特論Ⅰのintervention modelの復習をしておくこと。病態に関しては特論Ⅱ・Ⅲ、心理的反応に関しては特論Ⅰを復習しておく。実習終了後は目標に挙げていたケースについての実践報告書を作成する。
PAGE TOP