精神看護学高度実践演習IIB

Numbering Code G-MED22 5M342 SJ94 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year 1st year master's students Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name Not fixed
Outline and Purpose of the Course 精神疾患を持ち、退院支援・地域移行期にある人々、地域生活を送りながら回復を目指す人々および精神保健の対象となる人々を支援する地域精神看護領域において知識と方法について学び、卓越した看護実践を行うための能力を習得する。精神看護専門看護師が活動する場と対象の多様性について理解し、対象に応じた適切で質の高いケアを提供するため、ケアの変革者としての自己の課題と将来への展望を探求する。
Course Goals 下記の視点にあるように、地域精神看護の専門看護師としての質の高い直接ケア、教育、研究、相談、倫理調整に結びつく知識や技術を習得し、高い看護実践能力を身に着けることができる。
1.地域精神看護の歴史、現状の法・制度、対象の特徴に応じて必要となる役割と機能について説明することができる。
2.地域精神看護の活動の場と対象の多様性、それぞれの対象における専門看護師の機能と役割について考察することができる。         
3.地域精神看護領域でのアセスメントと直接ケア、教育、研究、相談・倫理調整の機能を果たすための援助技法および実際の展開方法について、事例に適用することができる。
4.精神保健医療福祉チームにおける支援技術と、チームの中での専門看護師の役割機能について考察することができる。
5.地域精神看護の対象者に対する適切で質の高いケアを提供するため、ケア変革者としての自己の課題と将来への展望を探求することができる。
Schedule and Contents 第1回 地域精神看護の発展の歴史、現状の法制度・施策
・精神科リハビリテーションにおける地域医療福祉サービス発展の歴史、自殺者やいじめや虐待など日本におけるメンタルヘルスが必要になった歴史的背景、退院支援・地域移行およびメンタルヘルスに関連する法制度・施策
第2回~5回 地域精神看護の活動の場、対象の特徴、それぞれの場と対象における地域精神看護の機能役割(須賀原)
・精神科病棟、外来、デイケアにおける対象の特徴と地域精神看護の機能と役割、および専門看護師の役割について
・訪問看護ステーションにおける対象の特徴と地域精神看護の機能と役割および専門看護師の役割について
・保健センターにおける対象の特徴と地域精神看護の機能と役割および専門看護師の役割について
・企業・学校の保健室における対象の特徴と地域精神看護の機能と役割および専門看護師の役割について
第6回 地域精神看護領域での援助関係の構築と支援体制の調整(山之内)
・対象の意思決定と内的動機づけに関わる動機付け面接の理論と技法を学習し、地域で暮らす対象とのパートナーシップ、治療継続、前向きな行動変容に関連する要素を把握し看護への適用を検討
第7~8回 地域において支援を必要とする対象へのアセスメントと看護介入(須賀原)
・長期入院患者の退院調整と自己決定能力を高める支援
・回復期統合失調症者への地域移行支援と精神科訪問看護の実施方法
・外来通院中断中の患者への看護介入と他機関連携
・地域で暮らす重度精神障がい者へのケースマネジメント、アウトリーチ
・慢性期精神障がい者の家族への理解と看護介入
・ひきこもりとその家族へのアセスメントと接近法
第9回 地域精神看護領域でのメンタルヘルス・アプローチ
・地域精神看護領域の多様な対象における、認知行動療法やストレスマネジメントなどを用いたメンタルヘルス支援の必要性とその現状、および専門看護師が担う役割について検討する。
第10回 地域精神看護領域でのコンサルテーションの展開方法(須賀原)
・自らが地域精神看護領域の対象にケースコンサルテーション活動を行った事例のプロセスや成果・課題・対応策について検討
第11回 地域精神看護領域における退院支援と地域移行支援
・自らが地域精神看護領域の対象に退院支援と地域移行支援活動を行った事例のプロセスや成果・課題・対応策について検討。退院支援と地域移行支援を促進する専門看護師の役割機能と活動の意義について考察する。
第12回 地域精神看護領域における多職種チーム活動の実際と専門看護師の役割(石田)
・退院支援または地域移行のための多職種チーム活動やケア会議における支援アプローチの実際と、専門看護師の担う役割機能、チームビルディングの課題の検討。
第13回 地域精神看護領域で生じる倫理葛藤とその調整(須賀原)
・実践例を通じて、支援場面で生じる患者の権利と治療やケアとの葛藤とその対応について理解する
・地域精神看護場面で、逆転移、患者の権利に対しケアの必要性から倫理的葛藤を生じた事例を倫理原則をもとに分析し、対応について検討
第14回 地域精神看護領域の研究課題と今後の展望
・地域精神看護領域で行われている研究動向、最新の知見に関する発表
・地域精神看護領域での海外文献検索・抄読を行い、日本の活動との相違点から今後の展望を討論する。
第15回 まとめ(須賀原)
・精神看護専門看護師として地域精神看護の対象への卓越した看護実践を展開するうえでの要点を明らかにするとともに、地域精神看護について高度な実践を行う上での今後の自己の課題と将来展望について探求する。
Evaluation Methods and Policy 授業参加状況40%、プレゼンテーション30%、レポート30%により総合的に評価する。
Course Requirements 高度実践研究者養成プログラム専門看護師課程:精神看護学を専攻している者であること。
Study outside of Class (preparation and review) 授業時間内に詳細は提示する。各講師の提示する課題を確認し、事前・事後の自己学習を主体的に行うこと。
ディスカッションとプレゼンテーションにて授業を進めていくため、積極的に参加すること。
Textbooks Textbooks/References 各講師が適宜、指定する資料および文献
References, etc. 宇佐美しおり・野末聖香 編著:精神看護スペシャリストに必要な理論と技法、日本看護協会出版会、2009
萱間 真美:リカバリー・退院支援・地域連携のための ストレングスモデル実践活用術、医学書院、2016
E.H. シャイン 著・稲葉 元吉 訳:プロセス・コンサルテーション 援助関係を築くこと、白桃書房、2002

宮脇 稔 編著:精神科リハビリテーションの流儀―援助者必携デイリーケアのエッセンス、文光堂、2012
野中 猛:図説 精神障害リハビリテーション、中央法規出版、2003
PAGE TOP