3631012French Language and Literature (Special Lectures)

Numbering Code G-LET21 63631 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.3
Instructor name ITO GENGO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course フランスの16世紀は、中世から近代へと至る過程にあって、言語的・文学的にも宗教的・思想的にも極めて大きな変革を経験した時代である。著作家たちは、この時代特有の雑多にして豊潤、そして極めて柔軟なフランス語を縦横に駆使して、多彩で豊かな作品を数多く生み出した。本講義ではそうした作品群の中から代表的なテクストを抜粋し、原典を丁寧に読み解く練習を行うとともに、それらのテクストの含む言語史的・文学史的・宗教史的・思想史的な問題を論じたい。世紀前半からは、国王フランソワ1世の姉マルグリット・ド・ナヴァールの作品およびその周辺の福音主義的傾向を持つ著作家たちの作品を、中期からはリヨンの詩人たちおよびプレイヤード派の詩人たちの作品を、そして世紀後半からは重要な日記や風刺作品、そしてバロック的な作風を持つデュ・バルタスの『聖週間』を扱う予定である。フランス文学史における16世紀文学の重要性を理解することはもちろん、より広いヨーロッパの同時代文学の文脈においてこれらの作品の持つ意義も考えたい。
Course Goals 16世紀の代表的なフランス語作品についての知見を深め、その文学史的意義を理解するとともに、それを同時代の他のヨーロッパ文学と比較して考察することができるようになる。
現代フランス語とは異なる16世紀のフランス語の語彙と文法(とりわけ統語法)に関する基礎知識を習得するとともに、テクストをより正確に読み解く上で有用な各種参考文献の活用の仕方を学び、16世紀前期から末期までの異なる時期の、異なるジャンルの文献の読解に取り組むために必要な能力を養う。
Schedule and Contents 第1回 イントロダクション:フランス16世紀文学を学ぶために
第2回 マルグリット・ド・ナヴァールとその周辺1
第3回 マルグリット・ド・ナヴァールとその周辺2
第4回 マルグリット・ド・ナヴァールとその周辺3
第5回 リヨンの詩人たち(セーヴ、ラベ他)1
第6回 リヨンの詩人たち(セーヴ、ラベ他)2
第7回 プレイヤード派の詩人たち1
第8回 プレイヤード派の詩人たち2
第9回 プレイヤード派の詩人たち3
第10回 16世記の日記(ピエール・ド・レトワール『アンリ三世治下の日記』)
第11回 風刺と文学『サチール・メニッペ』1
第12回 風刺と文学『サチール・メニッペ』2
第13回 デュ・バルタス『聖週間』とバロック的世界
第14回 デュ・バルタス『聖週間』とバロック的世界
第15回 これまでの授業の統括
Evaluation Methods and Policy 平常点(40%)と学期末のレポート(60%)で、成績を評価する。
授業で学ぶテクスト読解上の基本事項を踏まえているか、またその上で自分なりの解釈を説得的に示しえているかを評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 学習対象のテキストについて予習し、あらかじめ各自が解釈についての見解を準備すること
Textbooks Textbooks/References 教材プリントを配布する。
PAGE TOP