M181001German Language and Literature (Special Lectures)

Numbering Code G-LET17 6M181 LJ36 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.5
Instructor name HOSOMI KAZUYUKI (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course この講義では、ベンヤミンの博士論文『ドイツ・ロマン主義における芸術批評の概念』を新しいドイツ語版の全集で精読することで、ベンヤミンの初期思想を深く理解することを目的とする。また、ドイツ語の原文を精読することで、受講者が高度なドイツ語の読解能力を身に付けることも目指す。
Course Goals 受講生は、この講義をつうじて、ベンヤミンの初期思想の大枠について学ぶとともに、広く20世紀という時代のなかで思想家がどのように生きてきたかについて、ゆたかな知識を得ることができる。また、高度なドイツ語の読解能力を身に付けることができる。
Schedule and Contents 第1回 イントロダクション
ベンヤミンの思想の大枠と、そのなかでの『ドイツ・ロマン主義における芸術批評の概念』の位置、またその内容について、概略を説明する。
第2回から第14回 ドイツ語原文の精読
『ドイツ・ロマン主義における芸術批評の概念』をドイツ語版の原文で冒頭から精読する。
第15回 まとめ
ベンヤミンの初期思想をめぐって受講者が討論することを主たる内容とする。
Evaluation Methods and Policy 平常点(90点)、討論参加(10点)を基本にして、総合的に判定する。
Course Requirements ドイツ語の最低限の読解能力を有すること。
Study outside of Class (preparation and review)  ドイツ語原文の精読が基本になりますので、必ず予習をして臨んでください。背景的な知識がかなり必要になりますが、授業中に指示する参考文献も併読して、ベンヤミンの思想を軸に、ホロコーストをあいだに挟んだ20世紀の思想の展開に対して強い関心をもっていただきたいと思います。
PAGE TOP