5731016Aesthetics and Art History (Special Lectures)

Numbering Code G-LET09 65731 LJ34 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.3
Instructor name TAKEDA HIRONARI (Graduate School of Human and Environmental Studies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 芸術の存在あるいは生成という主題をめぐって、とりわけ現代美術や現代思想におけるアクチュアルな議論を参照しつつ探究する。
Course Goals 各自の研究テーマとのかかわりの中で、広義の芸術あるいは創造行為が果たす役割について知見・洞察を深めること。
Schedule and Contents 1.現代の芸術あるいは美学にかかわる問題を象徴的に表している議論や事例を取り上げ、論述する。
2.受講者が各自の研究テーマとの関連においてこれを引き受け、考察を行う。
3.それぞれの考察に対して、上の議論とのかかわりから、あるいはより広い美学・芸術学の見地からコメント・論評を行う。
4.講義で扱われたテーマで論文を書くとすればどのような形が可能であるか、各自の研究の進展状況を踏まえつつ指導する。

授業では以下のような項目を取り扱うことを予定している。1)ロマン主義と反ロマン主義、2)狂気と創造性の歴史、3)神的狂気、4)「阿呆船」、5)舞台に登場する道化、6)「大いなる閉じ込め」、7)天才と狂気、8)アール・ブリュット、9)プリンツホルンと『精神病者の創造』、10)ヴェルフリ、11)草間彌生と芸術の境界、12)前衛/アウトサイダー、13)アートワールドにおける内外の問い直し、14)「病を生きる」こと。具体的な講義の進め方については適宜指示を行う。15週目はフィードバックとする。
Evaluation Methods and Policy 平常点。平常点には、授業への参加状況、授業内での報告および議論の内容を含む。
Course Requirements 前期の連続的な履修が望ましい。
Study outside of Class (preparation and review) 授業内で紹介した文献を読んでくること。また、授業後はノートや配布物を読み直して論点整理を行うこと。
Textbooks Textbooks/References 適宜、資料を配付する。
References, etc. コレクティフ:サン・タンヌ病院におけるセミネール, ジャン・ウリ, (月曜社)
PAGE TOP