1831004Buddhist Studies (Special Lectures)

Numbering Code G-LET14 61831 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.4
Instructor name FUNAYAMA TOORU (Institute for Research in Humanities Professor)
Outline and Purpose of the Course  漢字仏教語(仏教漢語)は中国と日本の仏教思想史の発展を知るための基本である。
 中国の仏教徒は,サンスクリット語原典を逐一比較することなく,専ら漢語で仏教を理解した。その結果,仏教漢語を理解する際に,インド本来の語義に加え,漢語特有の中国的解釈法を重ね合わせ,一語を二重三重に解釈して,意味や思想に幅を持たせる重層的効果を実現した。
 この授業では,漢語に基づく仏教理解が,インド文化から何を継承し,中国でいかなる独自の展開を遂げたかを,基本的仏教語の語義を原文をもとに解明する。このことは仏教という外来文化を理解するための文化的・言語的・学術的背景を知ることにも役立つ。
Course Goals 一,仏典漢訳史(仏典漢訳の歴史的変異)の概略を理解する。
二,仏教漢語を伝統漢語と訳語の二面から扱うための方法論を身に付ける。
三,仏教漢語を上記二面から扱い,適切な現代語訳を作り,漢語仏典の読解力を向上させる。

あわせて以下3点を習得する。
1.大蔵経に関する知識と使用上の留意点
2.仏教漢文の訓読法
3.電子化された一次資料の使い方
Schedule and Contents 第1回:中国仏教を学ぶために必要な基本的一次資料と工具書
第2回:大蔵経の基礎知識と特徴と歴史,および特に注意すべき事柄
第3回:大正大蔵経を使用する時の注意と電子テキストの利用法
第4回:仏教漢語「戒」「律」「戒律」のインド語と中国的解釈
第5回: 同上
第6回: 同上
第7回:仏教漢語「現量という複合語の解釈」の解釈法とサンスクリットの複合語を解釈するための中国的表現
第8回: 同上
第9回: 同上
第10回:仏教で用いる音写語記号「引」と「二合」の意味
第11回: 同上
第12回:仏教語「悉達」と「悉達多」の解説法:音写語か意味の訳か
第13回: 同上
第14回:後期に扱った内容を整理する
第15回:前期と後期を通じて総括する
Evaluation Methods and Policy 平常点(原文講読を担当する。積極的に意見と質問を出す)
自らの疑問や調べた内容を授業中に示し、出席者たち全員で意見交換してほしい。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 予習:
配布資料を基にして,授業で精読する箇所を下読みし,自分自身の訳を準備する。
References, etc. 仏典はどう漢訳されたのか:スートラが経典になるとき, 船山徹, (岩波書店,2013), ISBN:978-4-00-024691-0, 仏典漢訳史を知るための概説書として参照してほしい
授業は毎回,配布資料を作成し,それに基づいて原文を読み,現代語訳を作ります。
個別事項や内容に関して参照すべき図書や論文があれば,授業中にその都度知らせます。
PAGE TOP