1831005Buddhist Studies (Special Lectures)

Numbering Code G-LET14 61831 LJ36 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Thu.5
Instructor name MUROJI YOSHIHITO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course  ゴータマ・ブッダは、紀元前500年~300年頃の或る時期、ガンジス川の中流域を活動の中心地として、80年の生涯を送った人物であるが、東アジアに広まる仏教の創始者となる。20代の終わり頃、ブッダは覚醒体験を経て、その数ヶ月後、自覚内容を言葉化したとき、有情/衆生の存在の中核には「苦」があること(「苦諦」)を宣言した。この真理内容は、「四諦」「五蘊」「縁起」の所説として今に伝わる。このブッダの所説を伝える伝承(ア―ガマ)が、古典インド文化圏における大乗仏教の二潮流の一つ、瑜伽行派の根本論書である『瑜伽師地論』の中において、どのような言葉として伝わり(パ―リに伝承される文言との比較吟味を行い)、また、解説(ヴィバンガ)が行わるのか、サンスクリットで(現存する写本から知られる限りの)当該論書に伝わるアーガマ伝承を主たる検証の対象とし、7世紀の漢訳(玄奘訳)や9世紀のチベット訳を参照しながら精査・考察する。
Course Goals サンクリット原典テキスト、並びに、チベット訳・漢訳の翻訳テキストに対する文献学的分析手法を習得すること。
Schedule and Contents  基本的に下記の項目内容に沿った形で、まず、『瑜伽師地論』の概説から始め、ブッダの言葉の伝承(アーガマ)についての基本的知識の確認を行い、『瑜伽師地論』「摂異門分」に伝わるアーガマ、並びに、その中の(ブッダの)用語に対する解説について、注目すべき用語(例えば、「四念処」など)を取り上げ、文献学的な分析を行う。
第1回 1.『瑜伽師地論』の概説
第2回 2. ブッダ所説の伝承(アーガマ)、特に、パーリ「大念処経」の所説について
第3回  (1) パーリ・ニカーヤと漢訳・阿含について
第4回  (2)『瑜伽師地論』「摂異門分」に伝わるアーガマについて
第5回~第15回 サンスクリット・テキストの講読
 第5回から第15回は、『瑜伽師地論』のサンスクリット・テキストと(可能な限り、写本を参照する予定であるが、「摂異門分」はサンスクリットの断片しか伝わらないため)、パーリやチベット訳・漢訳との比較吟味を行いながら、『瑜伽師地論』に伝わるブッダの所説を伝える個々のアーガマを精読し、分析を行う。
Evaluation Methods and Policy 平常点。
各授業での講読担当者を予め定めて発表してもらいます。
テキスト解読に対する緻密・正確度をもって評価します。
Course Requirements サンスクリット語、パーリ語、古典チベット語を履修済みであること。

Study outside of Class (preparation and review) 授業では講読担当者を予め定めて発表してもらいますが、担当者以外も自らサンスクリット・原典テキスト、並びに、比較吟味すべきチベット訳や漢訳も併せて読み比べ、予習した上で、授業に臨むこと。
Textbooks Textbooks/References テキストは、適宜、コピー配布します。
PAGE TOP