French Law

Numbering Code G-LAW10 7B091 OJ41 Year/Term 2021 ・ Year-round
Number of Credits 4 Course Type lecture and seminar
Target Year Doctoral students Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.2
Instructor name YOKOYAMA MIKA (Graduate School of Law Professor)
Outline and Purpose of the Course  フランス財産法に関する論文を検討することを通じて、フランス財産法の最新の議論状況を理解する。
Course Goals  フランスにおける法的な考え方に対する理解を深めるとともに、フランス財産法に関する最近の議論状況に関する知識を習得する。
Schedule and Contents  第1回 授業の目的・教材・授業の進め方につき、履修者に説明し、必要な事項を決める。
 第2回~第7回 フランス財産法に関する最近の論文を毎回数頁ずつ講読し、引用されている文献や判例も含めて検討する。最初は、昨年度に引き続き、R.Libchaber, La recodification du droit des biensを講読することを予定している。
 第8回 第2回~第7回のまとめと補足説明を行う。
 第9回~第14回 引き続き、論文を毎回数頁ずつ講読し、引用されている文献や判例も含めて検討する。
第15回 全体のまとめを行う。
Evaluation Methods and Policy 平常点による。
法学研究科が定める成績評価の方針に従って到達目標の達成度を評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review)  授業で扱う文献については、事前に自分で精読したうえ、関連文献を調べておくことが必要である。
PAGE TOP