Reading on Educational Psychology II

Numbering Code G-EDU46 57471 SJ46 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits Course Type reading and seminar
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.3
Instructor name UEDA YOSHIYUKI (Kokoro Research Center Program-Specific Senior Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 意識は、日常生活のあらゆる場面で重要な要素であり、心理学の興味の対象として長らく議論されてきました。この講読演習では、Marcello MassiminiとGiulio Tononiによって著された『Sizing up Consciousness: Towards an objective measure of the capacity for experience』を取り上げ、意識の統合情報理論とその研究について学びます。この演習を通じて、意識がどのように研究されてきたのかを学び、著者が提唱する理論がどのようなものであるかを議論しながら理解することを目的とします。
Course Goals 英語論文を一人で読むスキルの基礎を得ます。
プレゼンテーションの技法について習得します。
意識に関する基礎的知識を習得します。
質問をする力、問題発見能力を養います。
Schedule and Contents 第1週目は、演習講義の進め方の説明と担当範囲の決定を行います。
第2週目以降は、各章の担当者(発表者)がパワーポイントスライドを用いてプレゼンテーションを行った後、全員でディスカッションを行います。

第1週 オリエンテーション、担当範囲の決定

第2週から第15週

Sizing up Consciousness: Towards an objective measure of the capacity for experience
by Marcello Massimini and Giulio Tononi

Chapter - 1: A Brain in Your Hand
Chapter - 2: Zombies and Dolls
Chapter - 3: Brain Islands
Chapter - 4: Mysteries in the Cranium
Chapter - 5: A Theoretical Principle
Chapter - 6: Reappraising the Stuff in Our Head
Chapter - 7: Assessing Consciousness in Other Humans: From Theory to Practice
Chapter - 8: Inferring Consciousness Out There
Chapter - 9: A Universe in Your Palm

すべての章を授業で行うわけではなく、参加者の興味に応じて、1回目の授業時に話し合って決めます。
Evaluation Methods and Policy 発表の内容(70%)、各章の内容に対するディスカッション(30%)によって評価します。

到達目標との関連性として、
発表の内容によって「英語論文を一人で読むスキル」と「プレゼンテーションの技法」を評価します。ディスカッションによって「意識に関する基礎的知識の習得」と「質問をする力、問題発見能力」を評価します。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業期間の間に、2回程度の発表をしてもらいます。
発表者は、その章の内容を熟読し、簡潔にまとめて発表してください。
授業参加者は、その章の内容を事前に読み、内容に対する意見や質問を授業の際に発言して、ディスカッションに参加してください。
Textbooks Textbooks/References Sizing up Consciousness: Towards an objective measure of the capacity for experience, Marcello Massimini and Giulio Tononi, (Oxford University Press)
PAGE TOP