Advanced Studies: Curriculum, Instruction & Assessment I

Numbering Code G-EDU44 56281 LJ47 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits Course Type special lecture
Target Year Master's students Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.2
Instructor name NISHIOKA KANAE (Graduate School of Education Professor)
Outline and Purpose of the Course 教育方法学特論Iでは、教育方法学の理論的な到達点を探究する。2021年度は、主として第2時世界大戦以降のイギリスにおける教育研究の歴史を振り返りつつ、教育方法学をめぐる論点について検討する。
Course Goals イギリスにおける教育の研究と実践の歴史について、基礎的な知識を身につける。
教育方法学をめぐる論点について考察することができる。
Schedule and Contents 第1回 本科目の目標とイギリスの教育制度の概要

第2回~第14回 イギリスの教育に関する重要論文等を検討する。
  具体的には次のようなテーマを扱う予定である。

  ・教養概念
  ・1944年教育法
  ・L.ステンハウスのカリキュラム論
  ・総合制中等学校
  ・B.バーンスティンの教育コード理論
  ・M.F.D. ヤングのカリキュラム論
  ・教師教育論
  ・ナショナル・カリキュラム
  ・多文化教育
  ・シティズンシップ教育
  ・教科史研究
  ・ESD地理教育
  ・現代外国語教育
  ・教育評価論

第15回 まとめとフィードバック

※上記のテーマについては、受講生の希望やニーズ等に応じて変更する場合がある。
Evaluation Methods and Policy 授業中に指定する課題(100%)で判断する。
到達目標について、教育学研究科の成績評価の方針に従って評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 本科目においては、毎回、指定された論文について読み深める。割り当てられた回については、論文と関連する追加調べをまとめたレジュメを作成することが求められる。
PAGE TOP