Sociology III

Numbering Code U-EDU03 33029 LJ45 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits Course Type Lecture
Target Year From 2nd to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.3
Instructor name KANAZAWA YUSUKE (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course この講義では、社会調査や官庁統計などで得られたデータ(数量的データ)を分析する際に必要となる、基礎的な統計学の知識(記述統計)を教えます。具体的には、数量的データの特徴とその作成方法について簡単に解説した上で、一変数の情報を記述する方法(度数分布表、代表値、散布度の指標、ジニ係数、箱ひげ図など)、二変数間の関係を分析する方法(クロス集計表、相関係数、回帰分析など)を解説していきます。なお、本講義は社会調査士科目Cに対応する科目です。
Course Goals 本講義の到達目標は以下の4つです。
01.数量的データの特徴とその分析方法を理解する
02.一変数の情報を適切に記述する方法(度数分布表、代表値、散布度の指標など)を理解する。
03.二変数の関係を適切に分析する方法(クロス集計表、相関係数など)を理解する。
04.1~3をつうじて、統計分析を含んだ情報(マスコミ・専門論文)を適切に評価できるようになる。
Schedule and Contents 基本的に以下の授業内容を組んでいます。ただし受講生のスキル、理解度に応じて順序や回数を変えることがあります。

01.なぜ統計学を学ぶのか?(社会調査と統計分析、市民的教養としての統計学)
02.データのとりかたI:社会調査の概要(量的調査と質的調査)
03.データのとりかたⅡ:量的調査法の基本発想(量的調査と統計学の関係)
04.データのとりかたⅢ:量的調査の方法(調査票とデータセットの作成)
05.データのもつ情報をまとめるI:度数分布表と代表値(平均値、中央値、最頻値)
06.データのもつ情報をまとめるII:散布度の指標(分散、標準偏差、四分位偏差)
07.分布を比較する(標準化、偏差値、ジニ係数、箱ひげ図)
08.2つの変数の関係を分析するI:変数の関係とは?(変数間の関連の意味、相関関係と因果関係)
09.2つの変数の関係を分析するII:二重クロス集計表
10.2つの変数の関係を分析するIII:属性相関の指標(オッズ比、ファイ係数、クラマーのV)
11.2つの変数の関係を分析するIV:相関係数(散布図、ピアソンの積率相関係数)
12.2つの変数の関係を分析するV:単回帰分析
13.擬似相関と変数の統制I:擬似相関と変数の統制(疑似相関、変数の統制、三重クロス集計表、偏相関係数)
14.擬似相関と変数の統制II:因果関係について推論する(因果推論、実験とリサーチデザイン)
15.より高度な統計分析に向けて:推測統計学と多変量解析
Evaluation Methods and Policy 【評価方法】
授業中に出す課題(45点=15点×3回)と期末レポート(55点)で成績を評価します。
【評価方針】
到達目標について、教育学部[大学院科目の場合は、教育学研究科]の成績評価の方針に従って評価します。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 予習は基本的に必要ありませんが、統計ソフトを用いた実習(Excelなど)を含むので、適宜課題に応じて復習が必要となります。
References, etc. 社会調査のための統計データ分析, 廣瀬毅士・寺島拓幸, (オーム社), ISBN:4274067637
1歩前からはじめる「統計」の読み方・考え方, 神林博史, (ミネルヴァ書房), ISBN:4623075702
原因を推論する ー 政治分析方法論のすゝめ, 久米郁男, (有斐閣), ISBN:4641149070
PAGE TOP