Sociology I

Numbering Code U-EDU03 33027 LJ45 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits Course Type Lecture
Target Year From 2nd to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.2
Instructor name TAROUMARU HIROSHI (Graduate School of Letters Professor)
MARUYAMA SATOMI (Graduate School of Letters Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 本講義では、社会調査の意義と限界、さまざまな方法、およびそれらに関する基本的事項を学ぶ。質的調査と量的調査の両方を含む。社会調査士科目全体への入門に当たる。
Course Goals 社会調査の基本的考え方、および質的調査と量的調査の代表的な方法について理解する。
Schedule and Contents 前半 7回を太郎丸、後半 8回を丸山が担当する。
1.社会調査とは何か
2.社会調査史と調査倫理
3.質的調査と量的調査
4.インタビュー調査とその事例(1) 
5.インタビュー調査とその事例(2) 
6.フィールドワークとその事例(1)
7.フィールドワークとその事例(2)
8.メディア分析とその事例(1)  
9.メディア分析とその事例(2)
10.歴史資料の数量分析とその事例(1)  
11.歴史資料の数量分析とその事例(2) 
12.既存統計の利用法とその事例 
13.質問紙調査とその事例(1)
14.質問紙調査とその事例(2)
15.社会調査の設計
Evaluation Methods and Policy 平常点,提出物(調査レポート)
【評価方針】到達目標について、教育学部[大学院科目の場合は、教育学研究科]の成績評価の方針に従って評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業で取り上げるいずれかの方法により、自分で調査を設計して実施する。
PAGE TOP