Practice in Educational Psychology A(Psychological Experiments)

Numbering Code U-EDU02 22707 PJ46
U-EDU02 22707 PJ47
Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits Course Type Practical training
Target Year From 2nd to 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.4・5
Instructor name NOMURA MICHIO (Graduate School of Education Associate Professor)
UMEMURA KOTARO (Graduate School of Education Senior Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 心理学の基礎実験・テストを通して、主に心理学研究の方法および手続きを学習する。なお、教育心理学実習A(前期)は、京都大学心理学連合共通科目として実施する。第1回、第2回、第3回の授業でガイダンス・班分け等を行う。これに欠席するとその後の授業の参加が困難であるので、必ず出席すること。第1回、第2回の授業を実施する教室は、掲示板に掲示する。なお、後期に開講される教育心理学実習Bは、教育心理学実習Aで学習する知識を前提としているため、教育心理学実習Bのみの受講は原則として認めない。
Course Goals 心理学の基礎実験・テストを通して、心理学研究に必要な基礎的知識とスキルを身につける。実験・テストの結果を分析考察し、レポートを作成する能力を育成する。
Schedule and Contents  第1回~第3回を、オリエンテーション、各実験ユニットの説明、ストゥループ課題実施、レポートの書き方、およびレポート添削作業にあてる。第4回~第14回では、心理学連合によって提供される実験ユニットへの参加し、各ユニットごとにレポートを提出する。第15回は、まとめ。
Evaluation Methods and Policy 【評価方法】レポートの成績(100%)(授業に参加しなければレポートは書くことはできないため,出席や平常点が含まれることになる)
【評価方針】心理学研究に必要な基礎的知識が習得されているか、その知識を心理学のレポートとして表現できているかが評価の基準となる。実習科目であるので、授業への参加と各課題についてのレポート提出が特に重視される(締め切り厳守)。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 予習すべきこと
あらかじめ資料を読み、実験や・テストの方法を理解しておく。
 復習すべきこと
実験やテストの結果を分析し、関連文献を読み、自分の考えを深め、レポートにまとめる。
PAGE TOP