Commercial Law (Negotiable Instruments)

Numbering Code Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 3rd & 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.2
Instructor name MAEDA MASAHIRO (Graduate School of Law Professor)
Outline and Purpose of the Course 主として約束手形を念頭に置きながら、手形流通の仕組みとその規律について、基本的な理解を得てもらうことを目的として講義する。
Course Goals 手形流通の仕組みとその規律について、基本的事項を理解する。
Schedule and Contents 第1~2回  手形・小切手の法的構造と経済的機能
第3~14回  下記の項目を、それぞれ1~2回程度で扱う予定である。
1 手形・小切手の法的構造と経済的機能
2 手形行為
3 手形行為と原因関係
4 手形行為と法律行為に関する一般原則
5 他人による手形行為
6 手形の変造と偽造  
7 約束手形の振出  
8 約束手形の裏書  
9 手形保証
10 約束手形の支払  
11 遡求  
12 手形上の権利の消滅
第15回 フィードバック
Evaluation Methods and Policy 期末試験による。
Course Requirements 民法総則を履修していることが望ましい。
Study outside of Class (preparation and review) 講義の復習を十分に行うこと。
Textbooks Textbooks/References 手形・小切手法〔第2版〕, 早川徹, (新世社、2018年), ISBN:978-4-88384-288-9
References, etc. 手形小切手判例百選〔第7版〕, 神田秀樹ほか編, (有斐閣、2014年), ISBN:978-4-641-11522-4
PAGE TOP