advanced seminar

Numbering Code U-ECON00 40040 SJ43
U-ECON00 30030 SJ43
Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.5
Instructor name YAMADA KEN (Graduate School of Economics Professor)
Outline and Purpose of the Course この演習では、学生各々が労働市場に関わる実証研究を主体的に学ぶ。下記のいずれかに関連する研究課題を取り扱う。(1)家計行動(消費支出と時間の配分、家族形成を含む)、(2)経済格差(賃金・所得・資産格差を含む)、(3)技術進歩と技術革新(特許を含む)、(4)政策評価(税制、最低賃金を含む)、(5)地方経済(労働移動、沖縄を含む)、(6)犯罪。
Course Goals 本演習を首尾よく修了した学生は、その学生が関心のある労働市場に関わる研究について最新の知識を得ることができるはずである。
Schedule and Contents 前期に引き続き、学生は適宜教員と相談して、関心のある研究に関わる学術論文を読みながら、先行研究を調査し検討する。学生の進捗と希望に応じて、実証研究を行う準備を始める。その場合は、研究に利用可能なデータを探し、研究に用いる計量手法を吟味する。

第1-9回 先行研究の検討
第10-14回 データの収集と研究方法の吟味
第15回 総括
Evaluation Methods and Policy 平常点(授業参加と論文報告と研究の進捗)によって評価する。
Course Requirements 労働経済学を首尾よく修了していなければならない。計量経済学を履修済みか履修見込みでなければならない。
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に指示された課題を行い、次の授業に備える。
PAGE TOP