Special Lecture Community Power Projects and Related Careers

Numbering Code U-ECON00 30510 LJ45 Year/Term 2021 ・ Intensive, First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 3rd & 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Intensive
Instructor name YAMASHITA NORIAKI (Part-time Lecturer)
MOROTOMI TORU (Graduate School of Global Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 本講義は、地域主導型の再生可能エネルギー事業(コミュニティパワー事業)についての実践的な集中講義である。実務として地域の再生可能エネルギー事業に関わるゲスト講師の講義や受講者同士のグループワークを通して、コミュニティパワー事業の意義と関係する人材について理解し、受講者自身のキャリアについても考えることを目的とする。グループワークやワークショップで積極的な参加ができる受講者をとくに歓迎する。

 本講義は、多様なゲスト講師からの講義と参加者とのやり取り、参加者同士のディスカッションを行い成果物を共有するワークショップで構成し、主体的・対話的で深い学びを目指すアクティブ・ラーニングの要素を取り入れて進める。

ゲスト講師(予定であり、変更の可能性あり)

・コミュニティパワー事業の実務者(企業、NPOなど)
・コミュニティパワー事業と需要家をつなぐ電力小売事業者(企業、自治体新電力など)
・導入主体や資金を調達する金融機関(地域金融機関)
・地域を能動的に変えていく自治体職員
・支援制度を策定する省庁職員
・研究者
Course Goals 地域主導の再生可能エネルギー事業の意義と受講者自身のキャリアとの関わりについて理解し、今後の持続可能な社会のあり方についてのビジョンを持つ。さらに、健全な批判的思考力をもとに現実を読み解く力を養う。
Schedule and Contents 以下、すべて予定であり、変更の可能性がある。

1日目
(1)「イントロダクション 地域主導の再エネ事業とは」
   山下 紀明(京都大学経済学研究科非常勤講師・
         認定NPO法人環境エネルギー政策研究所主任研究員)
  「地域主体のエネルギー事業とシュタットベルケ」
   諸富 徹(京都大学大学院経済学研究科教授)

(2)「再生可能エネルギー関連政策の現状と今後について」
   資源エネルギー庁

(3)「地域循環共生圏について」
   環境省

(4)「福知山市の地域再生可能エネルギー政策」
   福知山市

(5) グループワーク1「2050年の日本と地域のエネルギーを考えよう 
2050低炭素ナビと地域の未来づくり」
   山下 紀明

2日目
(6)「地域主導・協働の再エネ事業を支えるNPOの活動 実践×研究」
   豊田 陽介(認定NPO法人気候ネットワーク主任研究員)

(7)「湘南・小田原の地域新電力事業について」
   鈴木 大介(湘南電力株式会社取締役)

(8) 「長野県の環境エネルギー戦略」
   長野県

(9)「飛騨高山からの地域金融機関の変革」
   古里 圭史(飛騨信用組合 常勤理事・
         ひだしんイノベーションパートナーズ代表取締役社長)

「ドイツのシュタットベルケ・デジタル化戦略」
   西村 健佑(ドイツ在住コンサルタント:ウェブ中継)

(10)グループワーク2「地域の再エネと合意形成を考える」
   山下 紀明

3日目
(11)「コミュニティパワー(CP)事業の地域経済効果」
   中山 琢夫(京都大学大学院経済学研究科特定助教)

(12) 「再生可能エネルギー事業における地域との共存について」
   川戸 健司(自然電力株式会社代表取締役)

(13) ワークショップ:コミュニティパワー事業を組立てる1
(14) ワークショップ:コミュニティパワー事業を組立てる2
(15) ワークショップ:発表とまとめ
   山下 紀明
Evaluation Methods and Policy ディスカッション・グループワークへの積極的な参加(40点)、事前学習課題および提出レポート(60点)により評価する。

・レポートは独自の発想が見られるものについては高い点を与える。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 前提とする知識は特にないが、事前に教科書を読んでおくことを強く推奨する。

履修に当たっては事前の課題学習(1時間程度)をウェブ上で提出し、再生可能エネルギーの基礎的な動向や用語は理解した上で講義に参加することと、グループワークの事前準備(2~3時間程度)を進めておくこと。

過去の講義資料については、下記ウェブサイトを参照。
「地域主導型再生可能エネルギー事業とキャリア」
http://r.goope.jp/relecture
Textbooks Textbooks/References コミュニティパワー エネルギーで地域を豊かにする, 飯田哲也+環境エネルギー政策研究所(ISEP) , (学芸出版社), ISBN:4761525843, ※地域主導型再エネ事業(コミュニティパワー事業)について。本書を読んでいることを前提として講義を行う。
エネルギーの世界を変える。22人の仕事 事業・政策・研究の先駆者たち, 諸富 徹 (監修), 若手再エネ実践者研究会 (編集) , (学芸出版社), ISBN:4761513500, ※再エネ事業に関わるキャリアについて。
References, etc. 「エネルギー自治」で地域再生! - 飯田モデルに学ぶ-, 諸富徹, (岩波ブックレット), ISBN:4002709264, ※講義でも紹介する長野県飯田市の地域主導型再エネ事業とその意義について。
再生可能エネルギーと地域再生, 諸富徹編, (日本評論社), ISBN:4535558213, ※再生可能エネルギーと地域の持続可能な発展について、国内外の事例からより詳しく考えたい方向け。
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

An omnibus course delivered by invited lecturers and guest speakers from different companies, etc.

Details of Instructors’ Practical Work Experience:

ゲストスピーカーは省庁、自治体職員、企業、金融機関、環境NPO、学識経験者から地域のエネルギー事業に係る実務者を呼び、講師は環境NPOにて15年間の実務経験を有する。

Details of Practical Classes Delivered:

講師は行政政策の立案や地域のエネルギー事業立ち上げに関わっており、各ゲストスピーカーの実務経験に基づいた講演をもとに、より深い問題の掘り下げやリアルな課題の共有を行ない、双方向型の学びを促す。
PAGE TOP