advanced seminar

Numbering Code U-ECON00 40040 SJ43
U-ECON00 30030 SJ43
Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.5
Instructor name SAKADE TAKESHI (School of Government Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course [国際政治経済学(International Political Economy)・国際関係論(International Relations)応用①]現代の国際社会は、国際政治と国際経済の交錯した複雑な情勢の中で、政策上の諸課題の新たな解決策を求めています。こうした状況の中で注目を浴びているのが「国際政治経済学」と呼ばれる学問分野です。国際政治経済学は、国際政治学・国際経済学の複合的な視座から国際社会の問題に、理論・歴史・政策の三つの側面から探求に取り組むアプローチです。3回生演習は、国際関係論の基礎的理解に基づき、専門的な研究を行い、また、国際機関などへの勤務に向けてのキャリア形成のための学習を行います。
Course Goals ①国際政治経済の関心のあるトピックについて自分で調査する力を身につける。
②国際政治経済学の基本的な概念を学習し、①について理論的枠組みからとらえる力を身につける。
③国際政治経済について自分の考えをもち、討論する力を身につける。[3回生演習前期重点目標]
④アカデミック・エッセイ(小論文)等を執筆する力を身につける。
Schedule and Contents (1)ガイダンス・個人研究テーマの相談
(2)古典的リアリズムについての発展学習②
(3)古典的リベラリズムについての発展学習②
(4)ネオリアリズムについての発展学習②
(5)個人研究中間報告⑦
(6)個人研究中間報告⑧
(7)個人研究中間報告⑨
(8)ネオリベラリズムについての発展学習②
(9)コンストラクティビズムについての発展学習②
(10)イングリッシュ・スクールについての発展学習②
(11)個人研究中間報告⑩
(12)個人研究中間報告⑪
(13)個人研究中間報告⑫
(14)総括議論
(15)フィードバック
Evaluation Methods and Policy 平常点評価100%。平常点評価に授業への参加状況、小テスト、小レポート、授業内での発言を含む。
Course Requirements 国際政治経済に深く広い知的好奇心があること。
Study outside of Class (preparation and review) 受講者が選択した関心のある具体的な国際政治経済上のトピックについて、各種メディアの情報を処理し、通り一遍ではない自分(達)の見解をまとめ、ゼミで報告する準備をしていただきます。
References, etc. アメリカの外交専門誌『フォーリン・アフェアーズ・リポート』など
PAGE TOP