advanced seminar

Numbering Code U-ECON00 40040 SJ43
U-ECON00 30030 SJ43
Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.4・5
Instructor name NISHIYAMA SHINICHI (Graduate School of Economics Professor)
Outline and Purpose of the Course 経済成長モデルやライフサイクル・モデル、景気循環モデルを用いてマクロ経済・財政金融政策を数量的に分析するための基礎的な理論・手法を習得する。2期間の最適行動モデル、ソローの成長モデル、経済変動の動学モデルといった初歩的な動学経済モデルを復習しつつ、ラムゼー・モデルや世代重複モデルといった少し複雑な経済成長モデルを学んでいく。同時にR、EXCEL、MATLAB (GNU Octave) などのソフトウェアを使って政策実験やシミュレーションを試み、マクロ経済理論や財政金融政策についての理解を深める。
Course Goals 初級・中級レベルの動学マクロ経済学を理解し、理論モデルをソフトウェアを使って数量的に解き、経済成長、財政金融政策、ファイナンスなどについての簡単な(10~20ページの)レポートが書けるようになること。新聞や雑誌で紹介された経済政策について、経済理論を踏まえた上で公平かつ客観的に論評できるようになること。
Schedule and Contents 1.2期間最適化モデル、ソロー成長モデル、経済変動の動学モデルといった初歩的な動学経済モデルの復習。
2、ラムゼー・モデルや世代重複モデル、ライフサイクル・モデルといった多期間にわたる経済成長モデルの学習。
3.R などの統計処理言語、Excel などの表計算ソフトウェアを使った基礎的な分析手法の応用。
4.数値解析ソフトウェア MATLAB (GNU Octave) などを使った初歩的なプログラミング手法の習得。
5.マクロ経済や財政金融政策、あるいはファイナンスに関する簡単な分析レポートの作成。
Evaluation Methods and Policy 演習での発表・討論と期末のレポートで評価する。
Course Requirements 特になし。ミクロ経済学1-2、マクロ経済学1-2、計量経済学、経済数学を履修していることが望ましい。
Study outside of Class (preparation and review) 十分に演習の予習・復習をし、分からないことがあれば、演習中やオフィスアワーに質問すること。
Textbooks Textbooks/References 動学マクロ経済学へのいざない, 蓮見亮, (日本評論社、2020年), ISBN:978-4535559493
References, etc. マクロ経済学 新版 (New Liberal Arts Selection), 齊藤誠、岩本康志、太田聰一、柴田章久, (有斐閣、2016年), ISBN:978-4641053847
動学マクロ経済学 成長理論の発展, 二神孝一, (日本評論社、2012年), ISBN:978-4535556737
Advanced Macroeconomics (Fifth Edition), David Romer, (McGraw-Hill College、2018年), ISBN:978-1260185218
Related URL https://sites.google.com/site/snishiyama2/teaching-1
PAGE TOP