advanced seminar

Numbering Code U-ECON00 40040 SJ43
U-ECON00 30030 SJ43
Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Fri.4・5
Instructor name HISANO SHUJI (Graduate School of Economics Professor)
Outline and Purpose of the Course テーマ:農業と食料をめぐる政策課題
この演習の年度を跨いだ共通テーマは「ローカルからグローバルまで、食と農をとりまく諸問題に敏感になる」である。本年度の前期は過年度に引き続き、農業経済/政策論の研究者・学習者のみならず、農水省関係者、自治体農政部、農協関係者などに広く読まれている『農業と経済』をテキストに取り上げ、受講者が興味をもったテーマを取捨選択しながら輪読し、適宜補足的な解説を加えながら、参加者全員で議論し、認識を深めていく。
Course Goals 農業と食料をめぐる政策課題は多岐に渡っている。近年『農業と経済』誌で取り上げられた特集テーマには、TPP合意の農業・農村・食料への影響、日本の食文化、過疎問題、農村における再生可能エネルギー、福祉農業、食品の安全と表示、スマート農業、中国農業、地方創生、農産物マーケティング、農協制度改革、集落営農と法人化、生物多様性との共存、小さな農業の可能性、食品ロス、地域農林行政、学校給食と地域農業、などがある。本演習での学習を通じて、農業・食料をめぐる問題が、ローカルからグローバルまで、川上(生産)から川下(消費)まで、経済・経営から行政・環境・福祉・教育・文化まで、多角的で学際的な視点とアプローチを必要としていることが明らかになるだろう。
Schedule and Contents 本演習は次のようなメニューから構成される。なお、本演習は2回生演習と合同である。

①各回の担当者が『日本農業新聞』一週間分の記事を紹介し、最新の情勢を把握する。適宜、『日本経済新聞』等の記事と対比させ、食と農をめぐってマスメディアが果たしている役割について検証する。

②テキストを輪読しながら、食と農をめぐる諸問題の理解を深める。具体的にどの特集号を取り上げるかは、受講者の関心と希望を踏まえて開講後に決定するが、参考までに、取り上げる可能性のある近年の特集号を以下に列挙する。
 2017.5)数字でつかむ日本の農業:センサスにみる構造変化
 2019.1/2)農業・農村女性の未来:「農業女子」をこえて
 2019.3)生態系と地域を守る農業:アグロエコロジーの実践
 2019.9)SDGs時代の農業・農村、食品産業
 2020.10)変わる都市農業:制度転回から政策展開へ
 2020.12臨増)ポストコロナ時代の日本農業 
 2021.3臨増)ラーメンのフードシステムを読み解く
 2021.3)世界から取り残されない農政をどうつくるか
 2021.4)食からの地域づくり:ローカル・フードポリシー

③農業・農村の現場を訪問し、食と農をめぐる問題のアクチュアリティを確認する。大学院東アジアコース科目「On-site Research Training」と合同で実施する。留学生の目から見た「日本の農業・農村」理解に接することで、日本人学生にも新たな発見がもたらされることを期待している。


第1週)ガイダンス
第2~5週)テキストA輪読
第6~9週)テキストB輪読
第10~13週)テキストC輪読
第14週)総括
第15週)後期のグループワークに向けた準備
Evaluation Methods and Policy レポート発表(70%)と議論への参加態度(30%)に基づき評価する。
Course Requirements 農業・食料・農村をめぐる問題に関心を持っていることが必要条件。
Study outside of Class (preparation and review) 新聞の担当者、輪読テキストの担当者のみならず、テキストについては全員の予習が不可欠である。その他、必要に応じて適宜指示する。
Textbooks Textbooks/References 取り上げる特集号を決定次第、各自が入手する。
References, etc. 必要に応じて適宜指示する。
PAGE TOP