Practice in Forest Utilization

Numbering Code U-AGR05 3E233 PJ80 Year/Term 2021 ・ Intensive, First semester
Number of Credits 2 Course Type Practical training
Target Year 3rd year students Target Student
Language Japanese Day/Period Intensive
Instructor name OKADA NAOKI (Graduate School of Agriculture Associate Professor)
DANNOURA MASAKO (Graduate School of Agriculture Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course  森林の持続的管理と利用のために必要な方法論,基礎的技術について実習を行う.
Course Goals  樹木識別、毎木調査、森林の現存量調査に関する知識と技術を習得する。
Schedule and Contents 1.樹木識別実習(岡田 5回)
尾根筋から谷筋へ水分傾斜に従って植生がどのように変化し,どのような樹木が現れるかを確認しながら,その特徴を学ぶ.

2.毎木調査の方法(岡田、檀浦 4回)
調査区の設定、樹高・胸高直径の測定、立木位置図、樹幹投影図の作成する。

3.樹木のバイオマス計測(岡田、檀浦 5回)
 樹木個体および林分レベルでのバイオマス計測法について学ぶ。
Evaluation Methods and Policy  出席とレポートの提出に基づいて成績評価を行う.評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
Course Requirements  実習定員の関係で森林科学科の履修者を優先する。定員に空きがある場合のみ、他学科、他学部の受講者を受け入れる。
Study outside of Class (preparation and review)  2回生および3回生前期配当の専門科目を履修し、森林と林業に関する基礎知識を習得しておくこと。
PAGE TOP