International Rural Development Seminar II

Numbering Code U-AGR04 4D411 SJ82 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.1・2
Instructor name ASAMI ATSUYUKI (Graduate School of Agriculture Professor)
NAKADA YOSHIAKI (Graduate School of Agriculture Assistant Professor)
MIURA KEN (Graduate School of Agriculture Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course  国際農村発展問題に関連した文献を読むことによって、卒業論文のテーマを絞り込み、卒論に向けた発表を行い、論文作成の準備作業を行う。農業発展・開発経済などの課題について輪読を行い、卒論のテーマ決定の参考にする。教授、また教授の指定する教員がこれらを担当する。
Course Goals 輪読によって、農村発展問題のトピックスを学ぶ。そのうえで夏休みまでに、卒業論文のテーマ、方法論、データを確定する。
Schedule and Contents 農村発展問題を学ぶ(7回)
1 途上国の経済成長
2 経済発展と農業の役割
3 政策・プロジェクトの影響評価手法
4 開発の行動経済学
5 途上国の農村制度
6 人的資本
7 労働移動の経済学
8 マイクロ・ファイナンス
9 マイクロ・インシュランス
10 農業新技術の選択

卒論のテーマを絞り込み、課題、方法論について討論する (7回)
11 卒論関連文献の輪読
12 計量経済学(OLS、RCT、差の差分析、回帰不連続デザイン、Stata演習)
13 卒論テーマの決定

フィードバックを最後に行う
Evaluation Methods and Policy 「評価基準及び方針」については、当該年度の農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。出席ならびにゼミでの報告、推計結果の提出によって評価する。
Course Requirements 国際農村発展論演習Ⅰを履修していること。
Study outside of Class (preparation and review) 参加者は、全員、2~3時間費やして、当日読むテキストを予習してくること。
Textbooks Textbooks/References 開発経済を学ぶ, 福井清一 三輪加奈 高篠仁奈, (創成社), ISBN:978-4-7944-3200-1
References, etc. 開発経済学 貧困削減へのアプローチ 増補改訂版, 黒崎卓 山形辰史, (日本評論社), ISBN:978-4-535-55853-3
コア・テキスト 経済史, 岡崎哲二, (新世社), ISBN:978-4-88384-245-2
PAGE TOP