Seminars in Plant Protection

Numbering Code U-AGR01 4A516 SB78
U-AGR01 4A516 SB85
Year/Term 2021 ・ Year-round
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year 4th year students Target Student
Language Japanese Day/Period Fri.2
Instructor name TAKAAKI DAIMON (Graduate School of Agriculture Professor)
OHDE TAKAHIRO (Graduate School of Agriculture Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course 資源植物の保護、特に病害虫制御の諸問題に関わる研究論文の中から重要と思われるものを選び、その内容及び問題点について議論する。
Course Goals 資源植物の保護、特に病害虫制御の諸問題についての研究動向を把握し、先行研究を批判的に読み解き、問題点について論議することができる力量を身につける。
Schedule and Contents 第1回 イントロダクション
第2回~29回 原著論文の精読・討論
国際科学雑誌から、病害虫制御の諸問題をはじめ生物科学全般に関わる最新の論文を28週にわたり、講読、発表、論議し、植物保護科学の新たな方向性を探る。
第30回 まとめ
全28回にわたる精読・討論の成果をまとめ、今後の研究展望について議論する。
Evaluation Methods and Policy [評価方法]
発表状況(60%)と平常点(40%)により総合的に評価する。
[評価基準]
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 当該論文の内容について授業中に十分に議論できるように予習すること。
PAGE TOP