Plant Physiology II

Numbering Code U-AGR01 3A210 LJ68 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 3rd year students Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.4
Instructor name ARAKI TAKASHI (Graduate School of Biostudies Professor)
YAMAOKA SHIYOUHEI (Graduate School of Biostudies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 植物生理学は幅広い植物科学の中核をなす学問であり、近年進展が著しい。本講義では、植物生産の根幹をなす、成長・発生と環境応答について講述する。特に、植物生産と深い関わりを持つ植物ホルモンや光応答に重点を置く。「植物生理学I」と合わせて植物生理学全体をカバーする。
【注意】
令和4(2022)年度からは、内容を大きく再編してより専門性が高いものに変える予定です。昨年度(令和2年度)に「植物生理学I」を受講した人で「植物生理学II」も選択する予定の人は、今年度に受講しておくことを強く勧めます。
Course Goals 植物の成長・発生と環境応答、植物ホルモンに関する基本的なことがらを理解し、植物が関わるより発展的な科目を学ぶ基礎学力を身につける。
Schedule and Contents 以下の課題について、1課題あたり1週の講義をする予定である(全15回)。
1. 細胞壁
2. シグナルとシグナル伝達1 シグナル因子と植物ホルモン
3. シグナルとシグナル伝達2 植物ホルモンの生合成と代謝
4. シグナルとシグナル伝達3 植物ホルモンのシグナル伝達
5. 光による調節1 赤色光・遠赤色光応答
6. 光による調節2 青色光応答
7. 概日時計
8. 胚発生・発芽
9. 栄養成長
10. 花成と花芽形成
11. 生殖
12. 種子形成・休眠
13. 老化と細胞死
14. 非生物ストレス

フィードバック:毎回、講義時間内に記入する形式の小テスト(講義の要点に関して4~6問程度)をおこない、翌週の講義で解答を配布し、講評と解説をおこなう。
Evaluation Methods and Policy 出席回数(7割以上の出席が必須)と授業時間内におこなう小テスト(合わせて5%)、定期試験(レポート試験により実施)(95%)による。
評価基準および方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
Course Requirements 細胞生物学・分子生物学の基礎知識を前提とした講義である。そのため「細胞生物学I」を予め履修しておくことを強く勧める。
また、関連が深い「植物生理学I」を予め履修しておくことが望ましい。
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に伝えることができるのは、その回の講義内容の要点に限られる。毎回、参考書の該当する章・頁を提示するので、参考書によって復習することを希望する。
Textbooks Textbooks/References 特定の教科書を指定することはしない。参考書として挙げたものの中から、コメントなどを参考にして、自身の判断で必要度に見合った1冊選ぶことを強く勧める。
毎回、講義資料を配布あるいは掲示する。
References, etc. 植物の成長, 西谷和彦, (培風館, 2011年), ISBN:978-4-7853-5845-7, 植物生理学IIの内容にほぼ対応する、手頃でよくまとまった最新の教科書。最も強く勧められる。この教科書では取り上げられていない光応答を除けば、この教科書を学ぶことで講義の内容は無駄なくカバーできる。
植物生理学概論 改訂版, 加藤美砂子, (裳華房, 2019年), ISBN:978-4-7853-5239-4, 植物生理学Iの内容もカバーする、コンパクトによくまとめられた教科書である。代謝関係の章が充実しているが、発生・成長関係の章もよくまとまっている。手軽に学ぶならばこちら。
植物生理学, 佐藤直樹, (裳華房, 2014年), ISBN:978-4-7853-5229-5, 植物生理学Iの内容もカバーする、独自の視点からコンパクトによくまとめられた教科書である。手軽に学ぶならばこちら。
植物生理学概論, 桜井 英博・柴岡 弘郎・高橋 陽介・小関 良宏・藤田 知道, (培風館, 2017年), ISBN:978-4-563-07825-6, 植物生理学Iの内容もカバーする、コンパクトと詳しさを併せ持つ新しい教科書である。少し詳しい内容を求めるならこの教科書が薦められる。
テイツ/ザイガー 植物生理学・発生学 原著第6版, 島崎研一郎・西谷和彦(監訳), (講談社サイエンティフィク, 2017年), ISBN:978-4-06-155621-8, 植物生理学Iの内容もカバーする、米国で広く用いられている教科書の翻訳版。翻訳に際して、原書の誤りや不備がかなり修正されている。配布するプリントの図は主にこの教科書をもとに作成する予定。
新しい植物ホルモンの科学 第3版, 神谷勇治・小柴共一 (編), (講談社サイエンティフィク, 2016年), ISBN:978-4-06-153452-0, 植物ホルモン全般を扱った最新の教科書(出版社のウェブサイトに正誤表が公開されている)。講義の一部はこの教科書にもとづく。
PAGE TOP