コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス集(2018年度) 全学共通科目 大学院共通科目群/コミュニケーション アカデミックディスカッション

アカデミックディスカッション

シラバスID la_30171
開講年度・開講期 後期
授業形態 演習
対象回生 大学院生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 木5
教員
  • 植松 茂男
授業の概要・目的 本クラスは既に上級の英語運用能力をもつ学生を対象に,教養と品格のあるスピーチをもとに英文の聴解力・理解力を高め,上質のスピーチ能力育成の基礎を養うことを目指す。具体的には,ケネディ大統領, オバマ大統領, ヒラリー・クリントン長官, グリーンスパンFRB議長など, 20世紀から21世紀初頭にかけてのアメリカ合衆国のリーダーの演説を聞くとともに, その英語表現や構成について学ぶ。彼らの雄弁を支える巧みな演説構成や効果的なワードチョイスを習得してほしい。また, 臨場感あふれる実際の音声もCDで付属しているので,繰り返し演説を聴くことでリスニング能力の向上にもつながるであろう。さらには,聞いた英文を同質の日本語に逐次通訳する練習も適宜実施し, 高度なバイリンガル能力育成も目指す。日ごろから積極的に新聞や雑誌(日英) を読むことで知見を広め, 意欲的に授業に取り組んでほしい。かなりの予習・復習が必要である。毎回授業の最初に前回の復習テストを実施する(語彙・表現,聞き取り)。
到達目標 国際的舞台で不自由を感じないレベルまで, 英語によるスピーチを連続して聞き取り, 高度な英語プロダクションスキルを身につける。
授業計画と内容 第1回:この授業の説明
第2回:John F. Kennedy
第3回:M.L.King,Jr.
第4回:Barack Obama
第5回:Lyndon B. Johnson
第6回:Al Gore
第7回:Hillary Clinton
第8回:B. B. Blakeney
第9回:M. M. Cuomo
第10回:Alan Greenspan
第11回:Peter Drucker
第12回:Gore Vidal
第13回:Tom Brokaw
第14回:Paul Auster
(Feedbackについては授業内指示)

*授業スケジュールは必要に応じて変更する場合がある。
成績評価の方法・観点及び達成度 成績算出は以下の比率で行う予定。
(期末試験)毎回復習テストを行う(70%), 
(平常点)授業内貢献(同時通訳等パフォーマンス・プレゼンテーション)(30%)。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 常に、TED, Youglish, Youtube,NHKのバイリンガル放送などで英語音源に慣れる訓練をしておくこと。真剣に英語力を伸ばしたい者のみの履修を期待する。
教科書
  • Great American Speeches, 上岡信雄他, (研究社), ISBN:9784327421830