コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス集(2018年度) 全学共通科目 大学院共通科目群/コミュニケーション アカデミックプレゼンテーション

アカデミックプレゼンテーション

シラバスID la_30164
開講年度・開講期 前期
授業形態 演習
対象回生 大学院生
対象学生 Undergraduate
使用言語 英語
曜時限 火2
教員
  • 小山 哲春
授業の概要・目的 本授業では、AcademicなコンテクストにおけるSpeaking(Oral Presentation / Discussion / Debate等)の技能養成を中心課題に置き、この課題達成の手段として、Academic Reading、Speaking/Debate能力涵養のための演習を行う。Academic Readingの目的は「英語を読む」ことではなく、読み取った情報を整理、統合、理解した上で、これを他人に伝達したり、他人と議論したりする基盤とすることである」という前提に立ち、本授業は、こういった一連の作業を「全て英語を用いて実践する」訓練の場となる。 Oral Presentation / Debate / Reading Materialのについての講義/ディスカッションを含め、授業運営は全て英語で行う。
到達目標 (1) Academic Reading Materialsを、「訳読」ではなく、「知識の取得、自らの議論の構築、他者への情報伝達」といった目的に応じて読みこなす力を身につける。
(2) 英語で読み取った情報を、英語でPreset/Discuss/Dabateするための技能を身につける。
授業計画と内容 ①毎回の授業の構成
1~2週間を1ユニットとして、それぞれ新しいReading Material / Audio-Visual Materialを導入し、授業中にこれを読み/視聴し、理解した内容について担当者、および授業参加者同士でディスカッションを行う、という形式をとる。ディスカッションの方法は受講人数に応じて変わりうるが、英語によるディスカッションまたはディベートをユニットの最終課題としたい。

Session 1: Orientation / Introduction
Sessions 2 & 3: TED Exercise 1 (including discussion)
Sessions 4 & 5: TED Exercise 2 (including discussion)
Sessions 5 & 6: Reading in Social Science 1 (including discussion)
Sessions 7 & 8: Reading in Social Science 2 (including discussion)
Sessions 9 & 10: Debate based on readings 1
Sessions 10 & 11: Debate based on readings 2
Sessions 12, 13, 14: Group Presentation
Feedback

②学期を通じた課題(グループ課題)
グループで決定する任意のトピックについてグループ構成員がそれぞれ必要な英語文献を検索して読み、これを統合して英語によるoral presentationを学期末に行う。トピック等については授業中に指示する。

<テキスト/課題等>
テキストは指定せず、担当者がReading Materialを配布する。Reading Materialに加え、英語による講義等の音声/映像 Material(主にTED)を適宜導入する予定である。課題は上述の通りであり、原則として毎回の授業に対して宿題を課す予定はない。

<履修の心得など>
履修の時点でSpeakingやDebateの高い技術を要する必要はないが、Readingの演習を基盤としてそうしたコミュニケーションスキルを伸ばそうとする態度が求められる。
成績評価の方法・観点及び達成度 In-class Assignments(各授業での演習課題、Debate/Discussionへの貢献度、不定期の提出物等)(50%)
Oral Presentation (Group) (30%)
Final Paper(20%)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中の演習が中心となるので、予習そのものは要求しない。ただし、授業中の演習課題を繰り返し復習し、求められているレベルに到達する不断の努力を要求する。