コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス集(2018年度) 薬学研究科 薬科学専攻(修士) 基盤生理活性制御学演習

基盤生理活性制御学演習

シラバスID g_pha_1386
開講年度・開講期 通年不定
授業形態 演習
対象回生 修士1,2回生
対象学生 Graduate
使用言語 日本語
曜時限
教員
  • 井垣 達吏(生命科学研究科)
  • 大澤 志津江(生命科学研究科)
授業の概要・目的 概要:遺伝学、細胞生物学、分子生物学、発生学などの知識と思考力を深めつつ、多細胞生命システムの構築・維持機構とその破綻機構に関する最近の研究について紹介するとともに、それに基づく討論を行う。プレゼンテーションや討論の方法に関しての諸注意事項は、第1回目の演習の際に説明する。

目的:プレゼンテーションとそれに基づく討論を通じて、多細胞生命システムの構築・維持機構とその破綻機構に関する基礎知識と思考力を習得するとともに、その発展応用を可能にする研究能力の習得を目指す。
到達目標 1.遺伝学、細胞生物学、分子生物学、発生学などの基本的知識と思考力を身につける
2.多細胞生命システムの構築・維持機構とその破綻機構に関する知識と思考力を身につける
3.多細胞生命システムの構築・維持機構とその破綻機構の発展応用を可能にする研究能力を身につける
授業計画と内容 ・基礎遺伝学演習
・発展遺伝学演習
・基礎細胞生物学演習
・発展細胞生物学演習
・基礎分子生物学演習
・発展分子生物学演習
・基礎発生生物学演習
・発展発生生物学演習
・細胞内情報伝達学演習1
・細胞内情報伝達学演習2
・組織成長制御学演習
・腫瘍学演習
・統合生物学演習1
・統合生物学演習2
・統合生物学演習3
成績評価の方法・観点及び達成度 演習への出席状況、プレゼンテーションや討論の積極性・適切さを総合的に評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 常に関連する論文等を読み、予習復習に務める。
教科書
  • 必要に応じてプリントを配布する。
参考書等
  • 特に指定しない。