コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
 
現在位置: ホーム シラバス集(2018年度) 薬学部 薬科学科・薬学科 A303000 生理学3(病態生理学)

A303000 生理学3(病態生理学)

シラバスID pha_1145
開講年度・開講期 後期
授業形態 講義
対象回生 2回生以上
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 平澤 明(薬学研究科)
授業の概要・目的 病気に対する薬物治療の理解のためには、生命活動、特に人体の生理とその異常(病態生理)のメカニズムを理解する必要がある。ゲノム科学や分子レベルの知識を統合したシステムバイオロジーの観点から生理学、病態生理学を捉える。本課程では医療薬学、創薬科学の基礎となる生理・病態生理を概説する。病気の病態生理に基づく治療学についても講述する。
到達目標 病気に対する薬物治療の理解のために必要となる、生命活動、特に人体の生理とその異常(病態生理)のメカニズムを説明することができる。ゲノム科学や分子レベルの知識を統合したシステムバイオロジーの観点から生理学、病態生理学を捉えることができる。医療薬学、創薬科学の基礎となる生理・病態生理を概説することができる。病気の病態生理に基づく治療学について論じることができる。
授業計画と内容 1.正常生理と疾病に伴う病態生理
2.心臓と血管系の生理・病態生理
3.血液・造血器官の生理・病態生理
4.消化器系器官の生理・病態生理
5.腎臓と尿路の生理・病態生理
6.男性生殖器官の生理・病態生理
7.女性生殖器官の生理・病態生理
8.呼吸器の生理・病態生理
9.内分泌器官の生理・病態生理
10.生体代謝の生理・病態生理
11.感覚・知覚神経系の生理・病態生理
12.運動神経系の生理・病態生理
13.視覚系の生理・病態生理
14.聴覚系の生理・病態生理
15.全身器官の統合的生理・病態生理
成績評価の方法・観点及び達成度 定期試験
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 指定教科書(コンスタンゾ明解生理学)を用いた講義内容の予習と復習
教科書
  • コスタンゾ明解生理学, (エルゼビアジャパン),
参考書等
  • Ross 組織学, 訳 内山 安夫・相磯 貞和,