授業ノート・
ビデオのある講義

 
現在位置: ホーム シラバス集(2017年度) 教育学部 教職科目 教育心理学III

教育心理学III

シラバスID edu_2487
開講年度・開講期 後期
授業形態 講義
対象回生 2-4回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 卯月 路子
授業の概要・目的  教育現場では、学力低下、学級崩壊、落ち着きのない子どもたちの増加、など様々な問題が指摘されている。こうした問題を正しく捉えるためには、学習の過程や人格形成についての基礎理論を学ぶことが重要である。
 本講義では、前半で「学習」、後半では「発達」についての心理学的知見を概観しながら、理論と実践の結びつきについても取り上げていく。
 
到達目標 ・「学習」と「発達」についての心理学的な基礎理論を習得する。
・教育現場で生じている問題の背景を考察する視座を養う。
授業計画と内容 第1回:導入
第2回:動機づけ
第3回:条件づけ
第4回:記憶
第5回:学習方略とメタ認知
第6回:発達の基礎理論
第7回:愛着
第8回:対人関係の広がり
第9回:児童期の心
第10回:思春期・青年期の心
第11回:発達論まとめ ー大人になるということー
第12回:発達障害①
第13回:発達障害②
第14回:総括
第15回:期末試験/学習到達度の評価
第16回;フィードバック *フィードバック方法は別途連絡します。
成績評価の方法・観点及び達成度 【評価方法】
 学期末試験(80%)、および2~3回の授業毎に課す小レポート(20%)により評価する。

【評価基準】
 到達目標について、教育学部の評価基準に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等  授業内で紹介する書籍(参考書、文学作品等)にも積極的に目を通して、理解を深めてください。
教科書
  • 必要に応じてプリントを配布する。