授業ノート・
ビデオのある講義

 
現在位置: ホーム シラバス集(2017年度) 教育学部 教職科目 教育社会学概論II

教育社会学概論II

シラバスID edu_2482
開講年度・開講期 後期
授業形態 講義
対象回生 2-4回生
対象学生 Undergraduate
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 竹内 里欧(教育学研究科)
授業の概要・目的 この授業では、教育社会学の基本的な考え方と関連する研究について学ぶ。授業では、逸脱、ジェンダー、社会化、通過儀礼、アイデンティティ、メディア、文化の各テーマに沿って、教育を分析する上で必要となる概念や理論、教育社会学的研究の具体例を紹介する。各テーマの最後の授業の日に、小アンケートを書いてもらう。この授業をとおして、教育にまつわる様々な現象を、社会学的観点から検討する際に有効となりうるような思考力・論理力を養うことが目的である。
到達目標 教育社会学的研究を行うにあたって必要となる、基本的概念や理論を学ぶことが、この授業の目標である。そうした学びをとおし、現代社会における教育にかんする様々な現象を、より深く多角的に考える力を身につける。
授業計画と内容 1回 イントロダクション
2~4回 社会化 アイデンティティ
5~6回 教育と逸脱
7~9回 教育とジェンダー
10~12回 教育とメディア
13~14回 子供をめぐる文化
15回 まとめ
成績評価の方法・観点及び達成度 評価は授業中に行う小アンケートとレポートを組み合わせて評価する。
内訳については、おおよそ、授業中に行う小アンケート(約40%)+レポート(約60%)とする予定であるが、授業の状況により適宜調整する。
到達目標について、教育学部の評価基準に従って評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業で説明したことについて各自復習。
教科書
  • プリントを配布する。その他、必要に応じて授業中に適宜紹介する。