コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 法科大学院 選択科目I EU法[EU Law]

EU法[EU Law]

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-LAW2064400LJ41
開講年度・開講期 2020・後期
授業形態 双方向・多方向形式による。教科書、レジュメおよび配付資料の予習を前提に、質疑応答を重ねながら講義を行う。 前半を濱本が、後半を西連寺が担当する。 なお、人数制限を行う(20名程度)。
配当学年 2・3
対象学生 大学院生
曜時限 火2
教員
  • 濵本 正太郎・西連寺 隆行
授業の概要・目的 現在、ヨーロッパでサッカー選手が契約期間満了時に移籍する場合に移籍金なしで移籍できるのも、中田英寿以降、日本のサッカー選手が続々とヨーロッパで活躍しているのも、EU裁判所のボスマン判決のためである。
また、ある種のお酒は最低でも(最高ではない)25%アルコールを含有しなければならないとのドイツ法はEU法に違反ではないかとの訴訟で、ドイツはこの法律は国民の健康を保護するためである(?)と裁判で主張し、当然敗訴した。これはEU裁判所のカシス・ド・ディジョン判決であり、EUの市場統合に関する最も有名な判決である。
サッカーやお酒に限らず、EU法は今日ではほとんどの法分野に関係しており、ヨーロッパでビジネスを行う場合はもちろん、ヨーロッパ企業と取引する場合にも、また、EU構成国の国内法を学ぶ際にも、EU法を無視することはできない。
また、EU法は、国際法でも国内法でもない法体系であり、三権分立を有さない統治機構を持ち、28カ国で一つの市場を作るという壮大な試みを支えるインフラであり、刻々と動いているダイナミックな法である。このようなEU法にふれることで、日本法を相対化して見直してみる目も養いたい。
具体的には、EU法総論について必要最低限の基礎知識を学んだ後、EU裁判所の裁判例を中心にEU実体法、特に域内市場法を学ぶ。Brexitについても触れる。
到達目標 上記「授業内容」記載の各項目についてその内容を具体的に説明できるように理解して、上記「概要」記載の成果を得ること。
授業計画と内容 1.EU法の手引き/欧州統合史
この授業の概要説明と打ち合わせの後、EU法の手引きとして、EU法に関する基本資料とその入手方法などを説明する。そして、今日に至る欧州統合の歴史を概観する。

2. EUの機構的構造・立法過程
EUにはどのような機関があり、それぞれどのような存在理由があるか。ヨーロッパ議会は、我々が知る国内の議会とどのように似ていて、どのように異なるか。EUではどのような法規範がどのようにして作成されるか。

3. EU法の直接適用可能性
日本の裁判所は、条約をそのまま適用することがある。なぜそれは可能なのか。EU構成国裁判所におけるEU法の適用は、それとどのように異なっているのか。EU法には様々な種類の法規範があるが、全てについて同じように国内適用できるのか。この回で扱われるのは、EU裁判所史上の最重要判決である、van Gend en Loos判決である。

4. EU法の優越性
日本法秩序において、国際法はどのような階層的位置づけを与えられているか。EU国内法秩序におけるEU法の位置づけは、それとどのように異なるか、そしてそれはなぜか。ここでは、おそらく史上二番目に重要な、Costa/ENEL判決を扱う。EU法が国内法秩序において国内法に優越するのであれば、民主主義の観点からそれはいかにして正当化可能なのだろうか。

5. EU裁判所
世界各地に存在する種々の経済統合とEUとを比べた場合、最大の相違点は裁判所の機能である。EU裁判所は、他の国際裁判所と比べて、また、国内裁判所と比べて、どのような特質を持つか。論告担当官(法務官。avocat general)とは何者か。構成国国内裁判所がEU裁判所に意見を求める先決裁定とはどのような手続か。

6. EUと民主主義
EU法の直接適用可能性・優越性に見られるように、EU法秩序においては国家主権が大幅に制約されている。EU構成国は民主主義国家であり、EU自身も民主主義を標榜している。では、EU法の直接適用可能性・優越性は、民主主義の観点からどのように正当化することができるのだろうか。

7. EUと人権
2009年12月にリスボン条約が発効するまで、EUは人権に関する法規範を有していなかった。それはなぜだろうか。人権に関する明文規定がなければ人権は保障できないのか。EU法とヨーロッパ人権条約とはどのような関係に立つのだろうか。

8.EUの経済統合総説・商品の自由移動1(関税同盟)
ドイツ、フランス、イタリアなど各構成国の国境をそのままにしつつも、EUを国境で分けられない1つの市場にするには、どのような法制度が必要だろうか。この回以降、経済統合を目指して、物、人、サービス、資本の自由移動を確保する域内市場法を中心に扱う。
この回では、域内市場法の全体像の概説に続いて、商品の自由移動に関して,関税同盟と差別的内国税の禁止の問題を検討する。

9.商品の自由移動2(数量制限及びそれと同等の効果を有する措置の禁止1)
数量制限及びそれと同等の効果を有する措置の禁止について検討する。この回はCassis de Dijon(カシス・ド・ディジョン)判決まで。

10.商品の自由移動3(数量制限及びそれと同等の効果を有する措置の禁止2)
Cassis de Dijon判決以降の判例の展開について。

11.人の自由移動1(経済活動者)
EUにおける人の自由移動は、かつては、労働者、自営業者、サービス提供者という経済活動者についてのものだけが存在していた。この回は、経済活動者の自由移動について検討する。

12.資本の自由移動と経済通貨同盟
11回の残り部分を最初にしてから、
資本の自由移動とユーロに関する経済通貨同盟を考える。ユーロに関する時事問題については各自注意していただきたい。

13.人の自由移動2(EU市民権)
人の自由移動について経済活動者に関する11回に続き、EU市民一般についてを扱う。
人の自由移動のうちマーストリヒト条約によりEU市民権が導入された後、経済活動者ではないEU市民一般にも自由移動が認められ、EUは経済統合のみではなく、政治的及び社会的統合へと進んでいる。この観点から、最近の判例を検討する。

14.自由・安全・司法の領域/全体のまとめ
EUは経済統合をこえて政治的,社会的統合まで進んでいる。その関係で,自由・安全・司法の領域を創設することを目的と掲げるようになっている。これは例えば,日本からドイツへ入国する際にはパスポートチェックがあるが,その後,ドイツからイタリアへ移動する際にはそのようなチェックなしに入国できることなどに表れている。この回は,この概念の内容を検討し,EUが何を目指しているのか考える。例えば、難民危機もこの回に関連する問題である。

最後に,全体のまとめとして,ディスカッションを行う。