コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 法科大学院 選択科目I 西洋法史[European Legal History]

西洋法史[European Legal History]

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-LAW2054240LJ41
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 講義形式 但し、理解度を確認する質疑を適宜行う予定である。
配当学年 1・2・3
対象学生 大学院生
曜時限 水4
教員
  • 佐藤 団
授業の概要・目的  現行法の深い理解にとっては、その史的考察もまた有益である。明治以来、法や学説の受容を通じて日本の法制度は継続的に西洋の影響を受けてきた。したがって、日本の現行法を歴史的に理解しようとするなら、西洋の法制度の歴史を考察することも重要な意味を持つ。その西洋の法制度を貫く伝統はローマ法にある。本講はこのローマ法を中心に据えつつ西洋法の歩みを可能な限り通史的に追う。そのさい、各時代の法の担い手にも着目する。
到達目標  現代日本法の背景にある、ローマ法を中心とする西洋の法の通史的な流れを理解することを目標とする。
授業計画と内容 1.はじめに
2.古代の法典編纂
3.中世のローマ法
4.大学の誕生
5.教会とローマ法
6.法の学問的展開
7.法の継受
8.継受後の展開
9.自然法と法典編纂
10.法典論争
11.法学の再編
12.民法典の編纂
13.私法学からの展開
14.おわりに