コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 法科大学院 実務選択科目 エクスターンシップ2[Externship II]

エクスターンシップ2[Externship II]

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-LAW2073340PJ41
開講年度・開講期 2020・後期
授業形態 実習形式。 (1)受講学生の募集人数  10名程度(別途、研修先機関ごとに募集人数を定める) (2)実施時期  3年次前期試験終了後(夏季) (3)実施期間  5日間(40時間)(具体的な実施期間は申請時期に告示する。) (4)研修先機関  京阪神及び東京に所在する指定の企業 (参考)2019年度実績:アシックス1名、関西電力3名、京セラ4名、サントリーホールディングス2名、三井住友信託銀行2名、京都大学(産官学連携本部)6名
配当学年 3
対象学生 大学院生
教員
  • 堀江 慎司
授業の概要・目的 【本科目について、より詳細には、受講申請時期に別途掲示する文書を参照すること。】
1・2年次に習得した知識をもとに、企業法務部での実践的活動を通じて、事実関係の整理能力、法的問題の発見能力、紛争予防の視点、コミュニケーション能力や交渉能力等の向上をめざすとともに、学問的知識の充実・発展をめざす。さらに、企業法務の日常的業務に触れることで、法曹の社会的責任と倫理を自覚し、また、社会における法曹の活動領域の広がりを意識する。
到達目標 上記「授業内容」記載の活動を行うことを通じて、上記「概要」記載の成果を得ることである。
授業計画と内容 学生は、企業の法務部門(研修先機関)に赴き、研修指導の主任者(研修指導者)による指導・監督の下で、次のような活動を内容とする研修を受ける。
・契約書の作成や審査を行う。
・企業内の法律相談案件や企業外部との紛争・訴訟案件について、関係部署や社外弁護士との間の協議・相談の場に臨席し、発問や討議を行う。
・協議・相談の場で事実関係を聴き取って整理し、また、関連する法令・判例・学説を調査して、法的問題の整理や解決案の検討を行う。
・模擬設例に基づき、法律相談、紛争解決の交渉や訴訟対応についてのグループワークを行う。
・その他