コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 法科大学院 実務選択科目 検察実務演習[Seminar on Lawyering (Criminal Prosecution)]

検察実務演習[Seminar on Lawyering (Criminal Prosecution)]

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-LAW2073140SJ41
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 一部講義も取り入れるが、主に仮設事例についての設問を題材として双方向での対話形式で進め,プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力の向上も図る。また,起訴状起案,模擬取調べ,冒頭陳述・論告の起案等の検察官の実務についての模擬体験を取り入れることを考えており,各受講生に起案提出を求めることもある。授業は,予習がなされていることを前提に進める。 なお、人数制限を行う(1クラス25名程度)。
配当学年 3
対象学生 大学院生
曜時限 月3
授業の概要・目的  刑事司法において検察官の果たすべき役割を意識しながら,刑事手続において生起する実務上の諸問題について、検察官の視点から検討する。また,検察官が作成する法文書の起案を通じて,法的に有意的な事実を抽出し,その事実に基づいて法律論を展開し,文章化する力を養うとともに,模擬事件相談や模擬取調べを通じて実務に必要なコミュニケーション能力を養う。主として捜査公判手続に関する事項を扱うが、問題検討に必要な場合には実体法上の問題や立法論にも言及する。
到達目標 上記「授業内容」記載の各項目について理解・修得し、上記「概要」記載の成果を得ることである。
授業計画と内容 1.検察の機能と役割,捜査総論,事件相談(序)
検察の機能・役割・組織(いわゆる「検察の理念」),捜査の基本を概観した上で,事例を題材に,事件相談の実情を学ぶ。

2,3.事件相談Ⅰ,Ⅱ
証拠収集や身柄拘束に関する警察からの事件相談の事例を題材に,行政警察活動における問題点や,逮捕前の捜査の進め方,警察に対する指示内容について検討する。

4,5.事件受理Ⅰ,弁解録取,勾留請求Ⅰ
警察送致事件の事例を題材に,事件受理時において検察官が検討すべき刑事手続における問題点等を検討した上,模擬弁解録取を実施し,その結果を踏まえた勾留の要否の検討を行う。

6,8 事件受理Ⅱ,勾留請求Ⅱ,事件処理Ⅰ
警察送致事件の事例を題材に,事件受理時の検討,勾留の要否の検討を行った上,その後の捜査結果を踏まえて,事実認定や擬律判断に関する問題点を含む事件処理の検討を行い,起訴状(不起訴裁定書),決裁資料を起案する。

7,10.取調べ,自白・供述証拠をめぐる諸問題
捜査における取調べの位置づけや意義、いわゆる取調受忍義務、余罪取調べ、別件逮捕勾留中の取調べ、黙秘権の保障との関係、取調べの可視化等、主として被疑者の取調べに関する問題を中心に取り上げ、仮設事例や判例を題材に検討する。

9,12 特殊な犯罪に関する捜査・公判上の問題
薬物犯罪や外国人犯罪といった特殊な犯罪に関して,その性質や捜査手法,刑事手続き上の諸問題(通信傍受・コントロールドデリバリー・おとり捜査をめぐる問題,証拠物としての薬物の取扱,覚せい剤自己使用罪と訴因,通訳や退去強制の問題等)について,仮設事例や判例を題材に検討する。

11.検察官の公判活動Ⅰ
事件記録教材を題材に,検察官の公判準備活動・公判における訴訟活動について学ぶ。公判提出証拠の選別や,冒頭陳述要旨・論告要旨の起案を行う。

13 検察官の公判活動Ⅱ
事例を題材に,証明予定事実記載書面,裁判員裁判における冒頭陳述要旨,論告要旨等を検討する。

14 事件処理Ⅱ
警察送致事件の事例を題材に,情状事情を考慮した事件処理の検討を行う。また,検察官が検討すべき再犯防止策等について検討する。